ABEJA Platform

abeja_business

人工知能をビジネス化する難しさ

人工知能を活用したビジネスを行っている会社は世界中を見てもほとんど存在しない。エンターテイメントとしての人工知能は有名であっても、人工知能を実際のビジネスとして成立させることはとても難易度が高い。

株式会社ABEJAは、IoT、ビッグデータ、人工知能技術を産業ごとに最適化したソリューションとして提供している。各産業の中で課題になっている部分をテクノロジーで解決する。そして近い未来、その中で多くの産業構造を人工知能インフラをベースに広げることで、各産業が有機的に接続され、これまでとは次元の違う効率的な産業構造を生み出すことが可能となる。

ヴァーチャルからリアルへ

これまでのデータはインターネットを基準にしたヴァーチャル空間上のデータが全てであった。検索エンジン、ECサイト、ソーシャルネットワークなどが良い例だ。ヴァーチャルのデータは行動を100%トラッキングすることが容易であることが大きな要因だ。

株式会社ABEJAは、ヴァーチャルでは無いリアル空間のデータを活用した数多くのビジネスを行う。人間は現実にリアルの空間で生活を行い、多くの感情を表現する。リアルこそが最も重要な人間が生きていく上で重要なフィールドである。

ABEJA Platform for Retail

abeja_platform_logo_retail

ABEJA Platform for Manufacture

abeja_platform_logo_manufacture