ABEJA、総額約2億円の第三者割当増資を実施 〜 ASEANでの展開を見据え盤石な財務基盤を確立 〜

 ディープラーニングを活用し産業構造の変革をサポートする株式会社ABEJA(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:岡田陽介、以下 ABEJA(アベジャ))は、株式会社インスパイアPNBパートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:高槻亮輔、以下「インスパイアPNB」)が運用するPNB-INSPiRE Ethical Fund 1投資事業有限責任組合を引受先とする総額約2億円の第三者割当増資を、2016年8月8日(月)に実施いたしましたので、お知らせいたします。

 ABEJAは、AIのブレークスルー技術であり、蓄積されたビックデータから人間の手を介さずしてそのデータを適切に表現する特徴を自動的に見つけ出す「ディープラーニング」を活用したサービスを提供しています。これまで、ディープラーニングを活用し様々な情報を収集・解析・可視化するクラウドサービス「ABEJA Platform」を、小売・流通業界を中心に、国内の100店舗以上に導入頂き、店舗運営の改善に資するソリューションを提供してまいりました。また、2016年6月には、ダイキン工業株式会社の技術開発拠点であるテクノロジー・イノベーションセンターと、ディープラーニングを活用した協業を開始し、製造業界にも進出しています。

 今回の資金調達は、シリーズBラウンドに該当し、先に発表した株式会社産業革新機構、アーキタイプベンチャーズ株式会社からの調達額と合わせ、総額約7.3億円の増資となりました。インスパイアPNBが運用する、PNB-INSPiRE Ethical Fund 1投資事業有限責任組合は、国際競争力を持つ企業を育成し、成熟期を迎えた日本産業界のさらなる発展に資する企業の創出を目的として組成されたファンドです。ABEJAは、インスパイアPNBのグループ会社で既存株主である株式会社インスパイア・インベストメントより、資金および経営の両面からサポートを頂いております。インスパイアPNBには、特にASEAN展開を見据えた海外展開のサポートや国際競争力の強化等の支援を頂きます。

 ABEJAは、今回の資金調達により、研究開発や事業推進を一層加速するとともに、盤石な財務基盤のもとASEANでの展開を見据えた事業体制を構築します。引き続き、ディープラーニングの活用により、国内外問わず多様な業界、シーンにおけるビジネスの効率化・自動化を促進し、産業構造の変革に貢献してまいります。

【 株式会社ABEJAについて 】
ABEJAは、蓄積されたビックデータから、人間の手を介さずしてそのデータを適切に表現する特徴を自動的に見つけ出す「特徴量抽出」の自動化を行う「ディープラーニング」を活用し、多様な業界、シーンにおけるビジネスの効率化・自動化を促進するベンチャー企業です。2012年の創業時より、国内のAI関連を専門とする大学教員陣と連携し、ディープラーニング技術などの研究を行っており、提供するサービスで用いられるディープラーニングの技術は、すべて自社で開発しています。現在は、小売・流通業界を中心にサービスを展開し、株式会社三越伊勢丹ホールディングス、株式会社ゲオ、株式会社ジュンなど、国内大手小売企業を対象に約100店舗への導入実績があります。

会社名: 株式会社 ABEJA
代表者: 代表取締役社長CEO 岡田 陽介
所在地: 東京都港区虎ノ門4-1-20 田中山ビル10階
資本金: 10億946万8,000円(資本準備金含む)
事業内容: ディープラーニングを活用した産業構造変革のサポート
URL: http://www.abeja.asia/

本件に関するお問合せ
株式会社ABEJA 担当:広報 中野 外木
電話番号:03-6452-8848 メール:pr@abeja.asia