abeja_philosophy

abeja_mission

IoT、ビッグデータ、人工知能による第四次産業革命で世界を変える

18世紀、水力や蒸気機関の発明による機械工業化がもたらした第一次産業革命。
20世紀初頭、電気、石油による大量生産、大量輸送がもたらした第二次産業革命。
20世紀末、コンピューターによる生産の自動化がもたらした第三次産業革命。
そして21世紀 IoT(Internet of Things)、Big Data、人工知能による「第四次産業革命」。

2012年1月アメリカ合衆国カリフォルニア州シリコンバレーに滞在していた代表岡田陽介がディープラーニングという人工知能の革命的ブレークスルー技術を目の当たりにする。これまで不可能だと思われてきたことが突然可能になった瞬間だった。これまでの人工知能はエラー率が高く、ビジネスに使うことは不可能だと考えられていた。しかし、2014年には物体認識の分野で人間を凌駕し、人工知能が今後の産業構造を変革していくことがほぼ確定的になった。

これから短い期間の中で、世界が変わる。その変化を能動的に起こしていく側になるのか、受動的に受けていく側になるのかは自分たちで選ぶしかない。
我々は、起こしていく側だ。
IoT、ビッグデータ、人工知能による第四次産業革命で世界を変える。