シンガポール国立大学主催によるスタートアップの祭典「InnovFest unBound Singapore 2015」にABEJAがファイナリストとして選出 ~アジア市場で、独自のインストアマーケティング事業の存在感を示す~

株式会社ABEJA(本社:東京都港区、代表取締役CEO:岡田 陽介、以下ABEJA)は、シンガポール国立大学の主催による、「InnovFest unBound Singapore 2015」(以下、InnovFest(イノーブフェスタ))において、8組のファイナリストとして「Unilever Scaleup of the Year Battle @ InnoveFest unBound」に登壇いたしました。

ifbs_2015

世界中で熱を帯びるスタートアップイベントについて

近年では、起業家やイノベーターが中心となり、トークセッションやピッチをおこなうタイプのイベントが世界中で開催されています。先月下旬には、毎年スウェーデンで開催される、ヨーロッパ最大規模のイベント「SLUSH」が、アジア初開催となるSLUSHASIAを東京で開催して、約3,000名の来場者を集めて、大きな盛り上がりを見せました。

InnovFestについて

InnoveFestは、2005年にテクノロジーの商業化を目指すフォーラムとしてシンガポール国立大学主導の下に誕生し、今年で11年目を迎えました。InnovFestは、世界トップレベルの研究者や投資家が集う祭典であり、昨今では、イノベ―ティブな研究開発に挑戦するテクノロジー系スタートアップの参加も多く、アジア有数のイベントとして名を馳せています。今回は、2日間開催されるInnoveFestのうち、「Unilever Scaleup of the Year Battle @ InnoveFest unBound」のファイナリストにABEJAが選出されました。

審査員によるABEJAの評価について

Unilever Scaleup of the Year Battle @ InnoveFest unBoundは、Unileverが主催する、世界にイノベーションを与えるアジアのスタートアップを選出するピッチコンテストです。世界各国の約150社の企業から20組のセミファイナリストが選出され、そのうち8組がファイナリストとして選出されました。ABEJAはディープラーニングを活用した、インストアマーケティング事業の先進事例を紹介して、特に日本の強みである「おもてなし」をテクノロジーの有効活用により、魅力的に表現するというコンセプトを高く評価いただきました。

ABEJAについて

ABEJAは、最先端技術を活用したビジネスプロデュースを手がけています。現在は、ディープラーニングを中心とした学術研究を活用して、マーケティング戦略の立案から実行までをABEJA Dashboardの提供を含めてトータルに提供しています。会社設立当初からグローバルでの市場獲得を目指しており、昨年12月には、世界No.1のクラウド型SFAを提供する株式会社セールスフォースドットコムと資本業務提携をおこない、顧客管理、従業員管理、プロダクトやサービスの管理など、あらゆるオンライン情報と、独自技術で取得するリアル環境でのオフライン情報をつなぎ合わせる、革新的なインフォメーションプラットフォームの開発を進めています。

株式会社ABEJA 会社概要

会社名:株式会社ABEJA
代表者:代表取締役CEO 岡田 陽介
所在地:東京都港区六本木5-18-23 INACビル2F
事業内容:最先端技術を活用したビジネスプロデュース事業
URL:https://www.abeja.asia/

本件に対するお問い合わせ先

株式会社ABEJA 担当:志積
電話番号:03-5544-8848
メール:pr@abeja.asia