NVIDIA主催「GTC Japan 2015」にて、Deep Learningを活用したインストアマーケティング事例を発表 ~最新テクノロジーの活用現場を、成果創出事例と共に紹介~

株式会社ABEJA(本社:東京都港区、代表取締役CEO:岡田 陽介、以下、ABEJA)は、NVIDIA Corporation(以下、NVIDIA)主催の「GTC(GPU テクノロジカンファレンス) Japan 2015」(以下、GTC Japan 2015)にて、Deep Learning(ディープラーニング)をテーマに2回のセッション発表をおこないました。

GPUテクノロジーを牽引するGTC Japan 2015とは

 GTC Japan 2015は、NVIDIA主催による今年で7回目となる日本最大のGPUテクノロジーイベントです。事前に総勢2000名以上の申込みを受け付け、IBMやDELLなどの、世界を牽引するグローバルITカンパニーをはじめとする60以上のセッションが開催されました。

NVIDIAとは、1990年前半に米国で設立した大手半導体メーカーで、CGや演算処理の高速化を担うGPUの開発から販売までを担い、世界に名を馳せています。昨今では、GPUテクノロジーのDeep Learningへの活用に注目が集まっており、今回のGTC Japan 2015でも大きな賑わいを見せました。

GTC Japan 2015ホームページ:
http://www.gputechconf.jp/page/home.html

ABEJAの発表内容

ABEJAは現在、リアル世界における次世代のマーケティングオートメーションプラットフォームを開発しています。そして、Deep Learningを活用した高度な画像解析とビッグデータ処理アルゴリズムによって、実店舗の来場者行動取得から施策実施までのトータルソリューションを提供しています。そのためセッション発表では、ABEJAが提供している、Deep Learningを活用したIn-Store Analytics(インストアアナリティクス)事例をCTOの緒方がご紹介いたしました。

発表テーマ

①「Deep Learningを活用したIn-Store Analyticsの未来」
②「Deep Learning as a Cloud Service」

最新技術のキャッチアップを通じて、研究開発を加速させるABEJA

ABEJAは、最先端テクノロジーを活用したビジネスプロデュースを事業とする、日本発のスタートアップです。2012年の創業当初より、独自の研究開発を進めてテクノロジーを事業化させてまいりました。現在では、画像解析技術とディープラーニング技術を応用したプロダクトとして、リアル店舗の解析サービスを国内大手小売企業様を中心に導入しています。また米国セールスフォース・ドットコムと資本業務提携をおこない、ERP(統合基幹業務システム)などの業務用ソフトウエアとも連携させた、複合的なシステムとしても提供を進めています。これからもABEJAは、独自の研究開発を通じて、イノベーションで世界を変える挑戦をし続けてまいります。

株式会社ABEJA 会社概要

会社名:株式会社 ABEJA ABEJA Inc.
代表者:代表取締役CEO  岡田 陽介
所在地:〒106-0032 東京都港区六本木5丁目 18-23 INACビル2階
事業内容:最先端技術を活用したビジネスプロデュース
URL:https://www.abeja.asia/

本件に関するお問い合わせ先

株式会社ABEJA   担当:志積
電話番号:03-5544-8848 
メール: pr@abeja.asia

PDF版はこちら