「カメラ画像利活用ガイドブックver1.0」への対応について

 株式会社 ABEJA(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO兼CTO:岡田陽介、以下 ABEJA(アべジャ))は、IoT推進コンソーシアム、総務省および経済産業省より、2017年1月31に公表されました、「カメラ画像利活用ガイドブックver1.0」を踏まえ、本ガイドブックを遵守するため、態勢整備を実施いたしました。

 「カメラ画像利活用ガイドブックver1.0」は、顧客満足度の向上等の観点でカメラ画像の利活用ニーズが高い中、一方で、個人情報の取得への暗黙の同意を行っているとは限らない状況のもと個人情報の取得が行われていること等から、生活者とそのプライバシーを保護し、適切なコミュニケーションをとるべく、カメラ画像の利活用にあたっての配慮事項を、事業者によるユースケースを基に整理したものです。

 今後、カメラ画像の利活用を含むABEJAのソリューションを提供する際には、カメラ画像の管理者であり、個人情報保護法上の個人情報取扱事業者として法的義務の対象となるABEJAのクライアント各社と協力し、十分に連携した上で、本ガイドブックに基づき、誠実に対応するよう努めてまいります。

参考:「カメラ画像利活用ガイドブックver1.0」を策定しました(経済産業省ウェブサイト)
http://www.meti.go.jp/press/2016/01/20170131002/20170131002.html