ABEJA、ディープラーニング学習プログラムを提供 〜AI技術者・研究者の育成によるエコシステム拡大を目指して〜

ディープラーニングを活用し産業構造の変革をサポートする株式会社ABEJA(所在地:東京都港区、代表取締役社長CEO兼CTO:岡田陽介、以下ABEJA)は、この度日本国内のAI技術者育成を目的として、Amazon Web Service Japan株式会社協賛の元、企業の技術者・研究者を対象としたディープラーニング学習プログラム「ABEJA Technopreneur College – Deep Learning Engineer Training Course – (アベジャ テクノプレナー カレッジ – ディープラーニング エンジニアトレーニングコース)」を2017年2月9日(木)、10日(金)、23日(木)の3日間の日程で開催致しました。

ディープラーニングをはじめとするAI技術の発達はめざましく、あらゆる産業構造や労働環境の変革が起こりつつあります。一方でその研究開発を担う人材は圧倒的に不足しており、世界の経済発展において、高度なAI技術を持つ技術者・研究者の育成は急務です。そこで、ABEJAは、「ABEJA Platform Open パートナーエコシステム」※の形成に向け、AI技術を正しく実践的に習得し、イノベーションに寄与する人材の育成プログラムを、パートナーを含む企業向けに開催することとなりました。

本プログラムは、ディープラーニングの理論的背景を理解した後、実践的な精度向上のノウハウを元に、学習用データを用いてニューラルネットワークの設計・学習を行う2週間で構成された集中プログラムです。講義は、期間中3回開催され、各講義の間に課題が出されます。1日目では理論的な基礎知識の学習を行い、2日目から3日目にかけて、学習用データを用いながら実装を行うことで知識の定着を促します。また、ディープラーニングを実際のビジネスにどのように応用するのか、受講者同士のディスカッションを通じて検討する場も提供しました。本プログラムの受講者には、受講者コミュニティに招待し、ディープラーニングの最新情報を含むABEJAの最先端ノウハウについて共有する場を提供して参ります。

今回は、製造・IT・コンサルティングなど複数の業界の方にご参加いただきました。受講者からは、「ディープラーニングに関する理論と実践の両方を体験できたのが、非常に有意義だった。また、最新動向や現状の課題をコンパクトにまとめて教えていただけたことも有意義だった。」(大手IT企業/エンジニア)、「講義内容のレベルが高めだった一方で、用意されたコードなどはかなり丁寧だったので、とてもいいバランスだったと思います。書籍などで学ぶのに比べてはるかに効率的で実践的だったと感じています。」(大手IT企業/人事)「複数のメンバーで課題を取り組み共有できたのがよかった」(大手製造業/エンジニア)と、ご評価をいただきました。

ABEJAは、第一回に続き4月以降に第二回のプログラムを開催予定で、その後も継続的に開催する予定です。今後も「ABEJA Technopreneur College」を通じ、最先端技術を活用する人材の育成に貢献し、IoT, BigData, AIによる価値創造のエコシステムを広げ、産業構造変革をサポートして参ります。

※ABEJA Platform Partner Ecosystem:
「ABEJA Platform Open」をハブとして、IoT、ビックデータの各プレーヤーであるパートナー企業および、IoT、ビックデータ、AIの活用を希望する企業(パートナーのクライアント含む)をつなぎ、大量データの循環を加速させ、イノベーションの創出に必要なエコシステムの形成を目指しています。このエコシステムの形成に必要なパートナーとして、① IoTデバイスパートナー、② IoTネットワークパートナー、③システムインテグレーションパートナー、④コンサルティングパートナー、⑤ APIエコノミーパートナー、の5つの領域において、技術力やノウハウを持つ企業を募集します。

【実施概要】
名     称:「ABEJA Technopreneur College – Deep Learning Engineer Training Course – 」
日     時:2017年 2月9日(木)13:00-20:00
        2017年2月10日(金)13:00-19:00
        2017年2月23日(木)10:00-18:00
場     所:デジタルハリウッド大学 御茶ノ水校
主催 ・ 協賛:株式会社ABEJA主催 Amazon Web Service Japan 株式会社協賛
プ  ロ  グ  ラ  ム:
        講義1日目:ディープラーニング基礎理論の理解
        講義2日目:実際のデータセットと実装ナレッジを元に画像判別コンペを開始
             (約2週間:モデルのブラッシュアップ)
        講義3日目:成果発表とフィードバック

DL_report_1

DL_report_2

【株式会社ABEJAについて】
ABEJAは、蓄積されたビックデータから、人間の手を介さずしてそのデータを適切に表現する特徴を自動的に見つけ出す「特徴量抽出」の自動化を行う「ディープラーニング」を活用し、多様な業界、シーンにおけるビジネスの効率化・自動化を促進するベンチャー企業です。2012年の創業時より、国内のAI関連を専門とする大学教員陣と連携し、ディープラーニング技術などの研究を行っており、提供するサービスで用いられるディープラーニングの技術は、すべて自社で開発しています。現在は、小売・流通業界を中心にサービスを展開し、株式会社三越伊勢丹ホールディングス、株式会社ゲオ、株式会社ジュンなど、国内大手小売企業を対象に約300店舗(2017年2月末時点)の導入実績があります。

会社名   : 株式会社 ABEJA
代表者   : 代表取締役社長CEO兼CTO 岡田 陽介
所在地   : 東京都港区虎ノ門4-1-20 田中山ビル10階
事業内容  : ディープラーニングを活用した産業構造変革のサポート
URL    : https://www.abeja.asia/

本勉強会に参加ご希望の方からのお問い合わせ
株式会社ABEJA 担当:夏目
電話番号:03-6452-8848 メール:technopreneur_college@abeja.asia

本件に関するメディアからのお問合せ
株式会社ABEJA 担当:中野
電話番号:03-6452-8848 メール:pr@abeja.asia