ディープラーニング

ディープラーニングに関する、世界の最新テクノロジー情報をお届け!ディープラーニングテクノロジーの動向だけでなく、ビジネスへの活用方法に関する記事をご紹介します。

ディープラーニング の記事一覧

アパレル業界に広がるAIの可能性に迫る!「ファッション×人工知能」サービス5選

今、人工知能(AI)の発展が目覚ましい。連日数多くのメディアで人工知能に関する国内外のニュースが取り上げられている。 2016年3月15日には、Googleにより買収された人工知能開発ベンチャーの「DeepMind」が開発した人工知能ソフトウェアの「AlphaGo(アルファ碁)」が、今まで人工知能が勝てなかった囲碁で世界最強の棋士であるイ・セドル九段を4勝1敗で打ち破るという快挙を成し遂げたことで世界中が湧いた。 また、3月21日には、人工知能による小説創作を目的としたプロジェクトチーム「気まぐれ人工知能プロジェクト 作家ですのよ」の短編小説が、国内文学賞の1次審査を通過したことでも話題になっ

Facebookが世界をつなぐために進める5つの施策

  13億人近くの人口を抱えるインド。Tech2.comによるとインド国内におけるFacebookユーザー数は、2014年12月から2015年6月までの半年間で、1300万人増加し1億2500万人を超えた。 FacebookのCEOザッカーバーグ氏は、10月28日にインドを訪問し、ニューデリーのインド工科学科で学生らと対談した。その中で彼は「世界中のあらゆる人々をつなぐことを現実の目標に掲げるならば、インドに住むあらゆる人々をつながるようにしなくては、それを達成することはできない」と語っている。インターネットアクセスをインドや世界のそのほかの地域に拡大することを決意しているという。

インテルが選んだ未来の店舗を作る次世代テクノロジー企業とは

2015年9月17日、小売関係者及び、小売向けにサービスを提供するテクノロジー企業が集まり、小売の未来について語り合う「インテル リテール・イノベーション2015」が開催された。インテルと言えば、世界有数のテクノロジー企業であるが、それが何故レガシー(古くから変化がない旧態依然とした)市場と言われる小売業界に関心を寄せているのか?それは今、小売業界が次の大きなイノベーションの舞台となっているからだ。   今回は、「インテル リテール・イノベーション2015」に参加した次世代テクノロジー企業を紹介すると共に、一歩先の小売業界の未来について考えてみたい。   IT界の巨人が小売

シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

シリコンバレーは現在、地球上で最もクリエイティブな発明が行われている場所であると行っても過言ではない。1970年頃に集積回路チップの生産工場が設立されたことをきっかけに、現在ではIT企業の集積地となっている。 同時に、シリコンバレーは世界で最も優秀なエンジニアが集う場所でもあり、独自のカルチャーを形成している。その一つに徹底したハードワークがある。彼らは昼夜土日を問わず、没頭して働くのだ。類まれなる才能を持つ彼らは、なぜそこまで一生懸命に働くのだろうか?今回はその謎に迫ってみたい。 天才を突き動かすのは金銭と成功以外のモチベーション 引用:Oliver Emberton シリコンバレーではしば

機械・人工知能が人間の仕事を奪う未来はやってくるのか?

近年人工知能分野の発展が目覚ましい。人工知能分野の中でも特に、ディープラーニングが注目を浴びるようになって以来、画像解析や自然言語分析の分野は目覚ましい発展を遂げている。 そんな中、絶えず議論になっているのが”人工知能は人間から仕事を奪うのか否か”という問題である。 一部では既に人工知能が人間に代替し始めている 人工知能が人間から仕事を奪うのかという議論が盛んになる一方で、一部では既に人工知能を搭載したシステムやロボットによる代替が起こり始めている。人工知能を搭載したシステムやロボットによる代替が懸念されている職業は数多く存在するが、特に注目を集めている主要なものには以下のようなものがある。

IT投資額3300億円超の中国は人工知能分野の覇者となるか?

中国は現在、世界で最も大きな経済発展をしている国の一つである。世界2位、約1,109兆円のGDPを持ちながら、年率7%前後の驚異的な経済成長を続けている。その背景にあるのは安価な労働力を基軸にした工業製品の生産であったが、その様相は近年変化しつつある。 ドイツのIT団体BITKOMが2013年に発表した報告によると、世界のIT投資額 3兆5000億のうち、中国が占める割合は9.5%であり、26.8%を占める米国には依然及ばないものの、8.3%を占める日本より大きな投資が行われている。 さらに、AlibabaやBaiduといった中国IT界の巨人も国内市場から得た圧倒的な資金力を背景に技術開発を急

病気の早期発見が可能に!画像解析技術が可能にする未来の医療

引用:medtechevent.com 近年、機械学習の技術を用いて、画像認識を医療に役立てる動きに注目が集まっている。人工知能で読み取ったCTスキャンやMRI、レントゲンなどのデータを、ガンや心臓病などの診断に活用する動きが始まっている。 医療用画像解析のセンサーの出荷数は、2012年から2017年までで年率23%の成長が期待されており、2017年には出荷数が420万台に上ると予測されている。市場規模は、2012年から2017年までの期間で年率9%の成長が期待されており、2017年には1億1200万ドルに達すると予測されている。 また、米国のIBMリサーチは、機械学習を用いた画像解析による皮

巨大グローバル企業も注目する人工知能を活用したアプリ事例4選

近年、IBMが研究開発している人工知能「ワトソン」が、銀行のオペレーションサポートに導入されたり、米国クイズ番組に出演して、人間のチャンピオンを破ったりと、人工知能が世間の注目を集めている。しかし、人工知能が私たちの暮らしから遠いもののように感じる人も少なくないだろう。 そこで、今回は人工知能が用いられている、スマートフォンのアプリを紹介する。すでに人工知能は私たちの身の回りでも活用されはじめている。 人工知能を活用したアプリ事例 米セールスフォースは人工知能を使ったカレンダーアプリ「Tempo」を買収 引用:Tempo Joins Salesforce 「tempo」は基本的なカレンダー機能

永久保存版!初心者でも1から理解できる人工知能記事まとめ

今日、IBMが開発している人工知能「ワトソン」が国内外で銀行や保険会社のコールセンターに実用化されたり、感情エンジンと呼ばれる人工知能を搭載した「Pepper」のリリースが発表されたりと、今や毎日のように人工知能という言葉を耳にする。 しかし、人工知能と聞いてもいまいちパッとしない人も少なくないであろう。そのため、今回はイノベーションラボ編集部がこれまで発信してきた、人工知能に関する記事をまとめて紹介する。   人工知能分野で特に注目を集める、ディープラーニングの成り立ち歴史から活用事例まで 引用:cyceera.com   【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニ

人間の仕事は奪われるのか?Predictive Analyticsがつくりだす未来とは

引用:Extra Last 言うまでもなく、ビジネスにおいて意思決定は最も重要な要素の一つである。環境がめまぐるしく変化する現代では、間違った意思決定一つで大企業がまたたく間に倒産するといったことも珍しくない。 そんな中でBusiness Intelligenceといった企業のデータを収集・蓄積・分析して意思決定者を支援するツールの重要性が高まってきたのが今までだった。しかし、時代はさらに進み、コンピュータ自らデータを元に未来を予測して精度の高い意思決定をすることができるようになっていきている。 今回は、Predictive Analyticsを使った意思決定システムについてご紹介したい。 &

人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

人工知能といえば、映画「ターミネーター」に代表されるような、人格を持ったようなものを想像する人も多いだろう。一方で、最近では家電製品でも人工知能を謳うものが出てきたり、就職活動の面接を人工知能が担うなど、人工知能という言葉が指すところは幅広く、その活用用途も多岐にわたる。 そこで今回は、東京大学大学院工学系研究科准教授の松尾豊氏の著書「人工知能は人間を超えるのか〜ディープラーニングの先にあるもの〜」に基づき、人工知能分野全体を俯瞰して説明したい。   人工知能の専門家が語る人工知能とは  引用:「人工知能は人間を超えるのか〜ディープラーニングの先にあるもの〜」 前述の松尾豊氏は、自身

世界最前線!人工知能(Artificial Intelligence)を活用した米スタートアップ3選

引用:FashionDegreelink ※Arch for Startupより寄稿 今日IBMのWatsonをはじめ、人工知能(Artificial Intelligence)と呼ばれる技術が注目を浴びている。様々な業界でその技術を応用したDeep-learningなどを活用したスタートアップも増えてきており、リテール業界もその1つである。 今回はそんな人工知能 (Artificial Intelligence)をリテール業界で活用したスタートアップ3社を紹介したいと思う。   まず、なぜ人工知能 (Artificial Intelligence)がビジネスにおいても注目を浴びてい

人工知能が見た悪夢?ネットで話題の「DeepDream(ディープドリーム)」とは何か

引用:GoogleResearchBlog 最近Googleが発表した画像がネット上で話題となっている。上の写真はDeepDream(ディープドリーム)と呼ばれるプログラムによって出力された画像であり、その見た目の奇妙さから注目を浴び、インターネット上で広く拡散されている。 今回は、ニューラルネットワークの仕組みを解説しながら、話題のDeepDreamの画像が生成される仕組みを解説する。 ▼参照 GoogleResearchBlog How Does #DeepDream Work?|ABEJA Engineer Blog Googleが奇妙な画像を生成するニューラルネットワーク「DeepDr

最強の人工知能「ワトソン」は、人間を超えることができるのか?

人工知能は新しい時代を迎えている。ディープラーニング技術の発達により、非構造データの認識精度は飛躍的に向上し、既に我々の生活にも影響を及ぼし初めている。 例えば、Google翻訳やiPhoneの音声ナビゲーション機能「Siri」の精度が少し前から良くなっていることに気付いた人も多いのではないだろうか。 直近では、ファッション人工知能アプリの「SENSY」が、IBMが開発した人工知能「ワトソン」のパートナーになることが発表されるなど、ますますビジネスでの人工知能の活用が注目され始めている。 さらに、2045年には機械の性能が人間の能力を上回る技術的特異点-シンギュラリティ-が起こると言われており

大学発ベンチャー「スパイバー」に見る、日本のイノベーションの未来

引用:Pinterest 今、日本から世界の産業構造を大きく変える可能性を持ったイノベーションが生まれようとしている。 本稿では、世界初の人工クモの糸「QMONOS」を開発したSpiber.incを紹介し、これからの日本に求められるイノベーション構造について述べたい。 スパイバー株式会社とは 設立年月:2007年9月 資本金:25億3458万円 引用:gizmag スパイバー株式会社(以下、スパイバー)は、世界初の人工クモの糸「QMONOS」を発明した大学発ベンチャーだ。現在は、山形県鶴巻市、経済産業省などとタッグを組み、ALL JAPANで技術開発・ビジネス化に取り組んでいる。 2015年1

GoogleにMacy’s、世界のトップ企業が注目する「Predictive Analytics」とは?

米国では、もはや常識となっている「Predictive Analytics」 Predictive Analytics(プレディクティブ・アナリティクス)という言葉をご存知だろうか。 Predictive Analyticsとは、ビックデータ分析から未来予測まで一連の流れを行うコンピューティング技術のことだ。 ビックデータという言葉を耳にするようになってから、しばらくが経つ。IDC JAPANによれば、2017年には市場規模1000億円超と、ビックデータ市場の成長性には大きな期待がかかっている。にも関わらず、データを扱い分析できる人材の不足が長らくの課題だった。 そこで登場したのが、Predi

Facebook、Twitter、ソーシャル・ネットワーク企業が次々とディープラーニングの企業を買収する訳とは?

Twitter、Facebook、Instragram、こういったSNSは多くの人にとってもはや生活の一部となった。自分の見たもの、感じたものをアップロードして共有しあうSNSの世界は、その人のデジタル世界の分身といっても過言ではないだろう。 今、そのSNSがディープラーニングという画期的技術により、また一歩進化しようとしている。今回は、大手SNS企業達のディープラーニングに関する取り組みと、その未来についてご紹介したい。 ▼関連記事 ABEJAと三越伊勢丹、最先端技術「ディープラーニング」で店舗開発 Facebookは2013年からディープラーニングに本格的に着手 引用:ソーシャルネットワー

世界が激震する「ディープラーニング」がロボットにもたらすもの

ドラえもんが発明される22世紀まで、あと85年となった。 残念ながら、我々の周りにはまだ世話を焼いてくれる家政婦ロボットや、人間と同じようにした思考を持ち、自分の判断で行動するロボットは存在していないが、確実にその未来に向けての距離は縮まってきている。 例えば、Amazonが2013年に発表した空からお届け物をしてくれるドローンや、Googleが目下開発中の自動運転車、これらも立派なロボットなのである。 今回は、我々の身近に迫りつつあるロボットと、ディープラーニングが合わさる事によって実現されるかもしれない未来の姿についてご紹介したい。 我々の生活に溶け込み始めているロボット 引用:ロボット×

【連載企画】クイズ王を破ったIBMの人工知能「ワトソン」が、今度は三ツ星シェフに?

さて、皆さんは人工知能の分野が近年、急激に進化している事をご存知だろうか?今やコンピューターは我々の想像以上に、人間と同じことができる様になりつつある。外食産業×ITの連載企画第3弾となった今回は、皆さんにテクノロジーの進歩により生み出された新しい料理の可能性についてご紹介したい。   人工知能「ワトソン」は大量のレシピを分析して全く新しいレシピを提案する 引用:antenna 「ワトソン」とは、IBMが構築した質問応答システムの名称である。「ワトソン」は自然言語、つまり私たちが普段話す言葉で書かれたテキストを解釈し、膨大なデータベースから瞬時に最適な答えを導き出す事ができる。正確に

【連載企画】人工知能を用いたHRテクノロジー3選とHRの未来

人工知能が企業の人材採用活動の一役を担う 企業は常に優秀な人材を求めている。しかし、いざ採用面接をするとなっても、相手が”優秀な人材”かどうかを判断することは難しい。人が人を評価する時、どうしても無意識な偏見や個人的な好き嫌いが評価基準に入ってしまうからだ。人材採用において適切なマッチングがされないことは、採用する企業にとっても、職を求める個人にとっても不幸である。 そんな人材採用の課題に対し、人工知能の活用が期待されている。以下、事例を紹介しながら、人工知能が採用現場で使われることにより、どんな未来が訪れるかを考察する。 海外事例 ーGild:エンジニアスキルをスコア化する(アメリカ) 引用

【連載企画】最新HRテクノロジーは人材業界に変革をもたらすのか

近年、HR(Human Resource)に関連する業務が、スマートフォンの普及といったテクノロジーの浸透・発展により、大きく変化している。 今回は、HR×テクノロジーの連載企画の1回目ということで、人材サービス産業の実態に迫り、どのようにテクノロジーが活用されているかをまとめた。 2020年に9兆円規模の人材サービス市場 引用:LinkedIn 「人材サービス産業の近未来を考える会」の調べによると、2020年の人材サービス産業は売上ベースで約9兆円と推定されている。現在人材サービス産業は、年間約801万件の求人を取り扱い、約475万人に対してマッチングや就業管理を行っている。 一言で人材サー

【連載企画】AI・ディープラーニング(Deep Learning)に関する3つの未来予測

今回は「ディープラーニングの未来」連載最終回として、ディープラーニング(Deep Learning)が発展するその先に実現する世界についての予測を考えていきたいと思う。 第1回:【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか 第2回:【連載企画】やさしく分かるディープラーニング(Deep Learning)の成り立ちと歴史 第3回:【連載企画】世界の超巨大企業が取り組むディープラーニング(Deep Learning)開発 第4回:【連載企画】ディープラーニング(Deep Learning)開発を行う海外スタートアップ3選 第5回:【連載企画】AI

【連載企画】ディープラーニング(Deep Learning)開発を行う海外スタートアップ3選

人工知能の領域において、確実に次の革命を起こすと言われているディープラーニング(Deep Learning)。Google、Facebookを始めとしたIT業界の巨大企業が研究・開発・実装に躍起になっているが、ディープラーニングは一部の大企業にしか関係のない話なのだろうか?そんな事はない。世界を見渡せば、ディープラーニングの可能性に魅せられ、日夜研究開発に勤しむスタートアップが多く存在する。今回は「ディープラーニングと未来」の連載第4回として、世界最先端をひた走る、ディープラーニング開発を行うスタートアップをご紹介したい。 第1回:【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep

【連載企画】世界の超巨大企業が取り組むディープラーニング(Deep Learning)開発

今回は「ディープラーニングと未来」の連載第3回としてディープラーニング(Deep Learning)開発に取り組む世界の巨大企業、Facebook、Baidu、Googleの取り組みを紹介する。 第1回:【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか 第2回:【連載企画】やさしく分かるディープラーニング(Deep Learning)の成り立ちと歴史 第3回:【連載企画】世界の超巨大企業が取り組むディープラーニング(Deep Learning)開発 第4回:【連載企画】ディープラーニング(Deep Learning)開発を行う海外スタートアップ3選

【連載企画】やさしく分かるディープラーニング(Deep Learning)の成り立ちと歴史

前回連載第1回では、ディープラーニング(Deep Learning)とは何かについてご紹介した。今回はディープラーニングの源流であるニューラルネットワークの成り立ち、歴史についてご紹介したい。 ディープラーニングとは、経験(データ)により自ら賢くなるアルゴリズムである機械学習という技術の一種である。現在、Google、FacebookなどをはじめとしたIT業界の巨大企業たちが研究・開発・実装に大きく力を入れており、音声認識の飛躍的な精度向上、人間と遜色ないレベルの顔認証技術など、既に様々な分野に利用されて驚くべき成果を挙げている。この様に、我々の世界に大きなインパクトを起こしつつあるディープラ

【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

最近ディープラーニング(Deep Learning)という言葉が世を賑わしている。Googleトレンドが示すところによると、2013年辺りからディープラーニングというワードは注目を浴び始め、最近では自動運転を構築するコンピュータ「NVIDIA DRIVE」にディープラーニングが用いられた事でも注目を集めた。 本日から五回にわたって、「ディープラーニングと未来」というテーマで連載を行う。今回は「ディープラーニングと未来」の連載第一回目として、ディープラーニングとは何かに迫りたい。 第1回:【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか 第2回:【連

【連載企画】スマートシティの未来に関する3つの予測

前回第4回記事では、スマートシティ事業に取り組む注目企業を紹介した。スマートシティ特集最終回となる今回は、スマートシティの未来を考察していく。 近年、自然資源に依存しない、人と環境にやさしいスマートシティの建設は、世界各国の重要課題として研究・開発が急がれている。現在国内外を問わず、多くの都市がスマートシティプロジェクトに取り組んでいるが、そのほとんどはまだ実証実験段階にとどまっている。そこで今回は、国内外でスマートシティ事業に取り組む企業や、予測を発表している記事の内容を元に、スマートシティの未来に関する考察をお伝えする。 第1回:【連載企画】世界の最先端ICT技術が結集!未来型都市「スマー

自動運転自動車の未来を拓くコンピュータ「NVIDIA DRIVE」の性能に迫る

引用:Conducción inteligente de la mano de Nvidia 2015年1月4日、アメリカ合衆国カリフォルニア州にある半導体メーカーのNvidia Corporation(エヌビディアコーポレーション:以下、Nvidia)は、2015年1月5日から1月9日にわたって、ラスベガスで開催されていた世界最大級の家電展示会「CES2015」のなかで2つの製品を発表をした。 1つ目は、自動運転機能を開発する「NVIDIA DRIVE PX」。もう1つは最先端のデジタル・コクピットを構築する「NVIDIA DRIVE CX」だ。この2つの製品は自動車の自動運転技術を実現する

日常を様変わりさせる2015年注目のテクノロジー

デジタル戦略を得意とするコンサルティンググループWebbmedia Groupによれば、2015年は生活者の行動や企業の経営戦略に大きな影響を与えるテクノロジーが登場する。私たちの日常はどういった技術によって前進するのだろうか。早速、2015年注目のテクノロジーを見ていこう。 ▼参照 http://www.slideshare.net/webbmedia/2015-tech-trends ディープラーニング(Deep Learning 深層学習) 引用:http://www.extremetech.com/computing/167179-facebook-is-working-on-deep

機械学習技術が命を救う!IBMが皮膚癌の早期発見技術を開発

技術革新によって、私たちの寿命はどこまで伸びていくのだろう。2014年現在の日本人の平均寿命は男性が80.21才、女性は86.61才にも達する。世界で最も国民の寿命が短い国、シエラレオネ共和国の平均寿命が46才であることを考えると驚くべき数字だ。私たちの寿命がここまで長くなった背景には、医療技術の進歩がある。特に、日本人の死因の3割を占めると言われる癌の早期発見技術は、私たちの寿命に大きな影響を及ぼす。 ▼参照 http://www.asahi.com/articles/ASG703HKDG70UTFL001.html IBMが機械学習を用いた皮膚癌の早期発見技術を開発 今回米国のIBM Re

  • メルマガお申込み