ロボット

ロボットに関する、世界の最新テクノロジー情報をお届け!ロボットテクノロジーの動向だけでなく、ビジネスへの活用方法に関する記事をご紹介します。

ロボット の記事一覧

従業員はPepperのみ!?未来の店舗でロボットは人間の代わりになりうるのか

引用:Pepper World 2016 2016年1月27日、28日ベルサール汐留にて法人向けロボット「Pepper for Biz」の最新ソリューションが一堂に集結するイベント「Pepper World 2016」が開催された。 50体以上のPepperが登場し、Pepperの声が会場内の至るところで聞こえた2日間であった。全国から集まった様々な企業の担当者で賑わい、「Pepper for Biz」への注目度の高さがうかがえた。 Pepperだらけの携帯ショップ、3月末に表参道にオープン 開催初日となる1月27日、ソフトバンクはPepperのみが接客する携帯ショップを表参道に開くことを発表

人間がロボットに仕事を奪われることはない〜Pepperからサービス用ロボットの未来をみる〜

引用:ソフトバンク 先月、ヤマダ電機、日本IBM、ソフトバンクの3社が共同で、ヤマダ電機の売り場で、人工知能Watsonを搭載したパーソナルロボットPepperを導入すると発表した。前述の3社によれば、来春より順次多店舗で導入していく見通しだという。 ロボットによる自動化の流れは、製造業から物流業、そしてついに小売業・サービス業にまで広がってきている。 2035年にはロボットの市場規模は5兆4,000億円に 引用:Robotshop 経済産業省と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)によると、2035年のロボット市場全体の市場規模は9兆7,000億円に上り、特にサービス用ロボットの分野

「Pepper」よりも実用的? 世界初の家庭向けソーシャルロボット「Jibo」

世界初のソーシャルロボット「Jibo」 引用:http://i.huffpost.com/gen/1919266/images/o-JIBO-facebook.jpg 「Jibo」は世界初の家庭用ソーシャルロボット(と製作者であるMITのシンシア・ブリジール博士は呼んでいる)である。身長約28cm、重さは約2.7kgで、ソフトバンクが提供しているパーソナルロボット「Pepper」が身長120cm、重さ28kgである事を考えると、だいぶ小さいサイズとなっている。 機体にはコンピュータ、Wi-Fi、LCDスクリーン、カメラ、マイク、スピーカーを搭載しており、人間とのインタラクティブなコミュニケーシ

IoT時代の高性能シングルボードコンピュータ「RaspberryPi 2 ModelB」

今年2月2日、格安PCボード「Raspberry.Pi(ラズベリーパイ)」を開発するRaspberry.Pi.Foundationはラズベリーパイの2世代目になる「Raspberry.Pi.2.Model.B」を発表した。 欧米での販売価格は35ドルと据え置きとなり、「Raspberry.Pi.2.Model.B」はCPU性能を向上させている。日本ではアールエスコンポ―ネンツ株式会社が法人向けに4,291円(税抜)で発売を開始した。 ▼参照 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/020200383/ 世界で400万台以上販売されている「Raspber

もう洗濯なんてしなくていい!全自動洗濯ロボット「PR2」

引用:Willow Garage Inc. 愛くるしい全自動洗濯ロボット「PR2」 家事を全てロボットがこなしてくれる時代はそう遠くはないかもしれない。アメリカのロボットベンチャーWillow Garageが開発しているPR2というロボットをご存知だろうか。PR2 は全方向に移動できる胴体に2本のアーム、カメラやセンサー、Wi-Fiを備えた自律型ロボットである。2010年にアメリカのカリフォルニア大学バークレー校で行われたデモでは、PR2がタオルを畳む様子が公開され、話題を集めた。 こちらがその時の映像である。 そして今回、PR2が更に進化を遂げたので、その様子をご覧頂きたい。 洗濯物を拾い上