ビックデータ(Bigdata)

ビッグデータ(Bigdata)に関する、世界の最新テクノロジー情報をお届け!ビッグデータのテクノロジーの動向だけでなく、ビジネスへの活用方法に関する記事をご紹介します。

ビックデータ(Bigdata) の記事一覧

ビジネスパーソン必見!やさしくわかるビッグデータ分析

引用:AKRAYA 「ビッグデータ分析」という言葉からあなたは何を思い浮かべるだろうか。また、それがビジネスでどのように行われているのかあなたは答えることができるだろうか。 「将来何が起こるのか」、また「何かを実現するために、何をどのように実践すればよいのか」、ということを知るため、ビジネスシーンで活用されているのが”ビッグデータ分析”である。 例えばコンビニのおにぎりの売上と、降水量や気温の相関関係がわかれば、今後のおにぎりの売れ行き予測を元に最適な生産量を決定することで、売上を向上させたり、店舗の廃棄を減らすことができる。これがビッグデータ分析の典型的な活用例である。 さらに使用するデータ

ビッグデータの分析を行う上で確認しておきたい5つのポイント

引用:io9 最近ビッグデータという言葉がよく語られているのはご存知の通りであろう。Google Trendsによると、日本での「ビッグデータ」という検索数は、2012年ごろから拡大し始め、2013年の後半から14年の前半にかけてピークを迎えていた。 このビッグデータの定義は様々であるが、野村総合研究所 ICT/メディア産業コンサルティング部の鈴木良介氏は、「事業に役立つ知見を導出するためのデータ」としてビッグデータを解釈している。 このようにビッグデータは、事業や企業において、経営判断や意思決定の裏付けになることを目的として利用されている。例えばアパレルショップのZARAは、店舗にある商品が

1分でわかる!ファッション業界における7つのテクノロジー活用事例まとめ

ファッション業界におけるテクノロジーの活用が世界中で広がってきている。 今回の記事では、2015年に注目を集めたIT・マーケティング関連用語を7つとファッション業界での活用事例を紹介する。 あなたはいくつ知っているだろうか? 【お知らせ】「ファッション×テクノロジー最新サービス紹介資料」を新たに公開いたしました。この記事の末尾にてご紹介しております。 O2O×ファッション スマホアプリでの情報配信とアパレルリアル店舗でのキャンペーンを連動させて、アプリ利用者にオンラインからオフラインへの購買活動を促す。 引用:ショッぷらっと  NTT docomoの提供するサービス「ショッぶらっと」はお店に立

あなたは自分のデータの値段を知っていますか?

引用:Joel Stein   物質的な価値が中心だった時代から情報化社会に移り変わり、現代では情報が重要な価値を持つようになった。中でも消費者に関するデータは最も貴重な情報の一つである。 現在の社会では多様な嗜好性・ライフスタイルが存在し、そのような環境下で企業が顧客のニーズを掴むには顧客がどんな人であるかを知る必要がある。結果として、個人に関するデータは経済的な価値を持つようになってきているのだ。 今回は、現代における個人データの価値と今後について語りたい。   コムキャスト訴訟事件から見る個人データの値段 引用:MarketsMorning   2015年9

国内大手3社BI(ビジネスインテリジェンス)導入事例3選

引用:greenbookblog.org 近年、BI(Business Intelligence/ビジネスインテリジェンス)が注目を集めている。国内外のITリサーチ企業IDC Japanによれば、国内のBI市場は2014年時点で468億円の規模を誇り、今後も継続的な成長が見込まれている。BIとは企業が持つビッグデータを効率よく活用するために必要不可欠なツールである。ここ数年ビッグデータが世間の注目を集めているが、取得したビッグデータをどう活用するのか、という点が課題となっていた。 今回はBIとは何かを説明するとともに、大手三社の導入事例を参考にBIの導入がもたらす効果についてご紹介したい。 ▼

プロダクト開発は次のステージへ。プロダクト・インテリジェンスの先駆者Indix

※「Arch for Startup」より寄稿 引用:Prozeny プロダクト・インテリジェンスをご存じだろうか。日本ではあまりなじみのない言葉かもしれないが、簡単に言えば、製品そのものの様々なデータを収集・分析することで、次に自社がとるべき戦略を解析するアプローチである。製品に対する消費者の購買動向から企業戦略を立案するアプローチはなじみ深いかと思われるが、製品そのものの情報から次の企業戦略を立案するアプローチは新鮮に見える。 我々Arch startupが拠点としているシアトルには、プロダクト・インテリジェンスを応用し、市場に流通する様々な製品の莫大なデータ(競合他社のデータをも含む)を

世界で注目を集めるマーケティングオートメーションとはなにか?その全貌に迫る!

最近、米国を中心にマーケティングオートメーションの市場が注目を浴びてきている。米国の調査会社MarketsandMarketsによると、2014年の世界のマーケティングオートメーションの市場規模は36.5億ドル(約4500億円)で、5年後の2019年には55億ドル(約6800億円)まで拡大する見込みだという。 近年はスマートフォンの登場で、顧客の購買行動が複雑化してきている。現代の顧客は常に何かしらの商品情報に触れ、スマートフォンを利用し、EC経由でいつでもどこでも商品を購入することができるため、企業は常時、様々な手段で顧客とコミュニケーションを取る必要がある。そんな中で、顧客とのコミュニケー

アメリカで人気急上昇中!注目のスタートアップアプリ3選

※Arch for Startupより寄稿 私たちArch For Startupが拠点を構えるシアトルでは、多くの起業家たちが、一躍世界トップの経営者になることを目指し、自身のアイディアをビジネスにしている。様々なビジネスが起ち上がる中でも、やはり最近はアプリを作成し、ビジネスとしようとする起業家たちが多い。 現在、多くのアプリが存在するが、FacebookやTwitterなど、数億人のユーザーがいるようなアプリは一握りである。その一握りの多くはアメリカから誕生した。今日誕生したアプリが、数年後にアメリカ全土に、そして全世界に広まるかもしれない。 今回は、多くのアプリが誕生している中で、アメ

これからビックデータ活用のカギは、「リアルタイム」にあり!

引用:Forbes ビックデータ活用のカギ:データ収集から分析、施策立案までを「リアルタイム」に行うこと 活用事例が次々と増えつつあるビックデータ。これまで取得することができなかった非構造化データと、伝統的な構造化データを統合することで、特定の期間におけるビジネスの全体像を、企業側はより鮮明に理解できるようになった。また意思決定層は、より状況ごとに合わせた判断を下すことができる。 しかし、企業はそれ以上のことを求めている。データの収集・分析の過程を極力短くし、可能な限りリアルタイムに近づけたいと考えているのだ。なぜなら、そうすることで短期間で施策のPDCAサイクルを回し、ビジネスの向上につなげ

ビックデータ活用事例から見る、マーケティングの未来とは?日本の3歩先をゆく海外リテールテクノロジー

引用:POINT 企業にとって顧客との関係は、最も大切にすべきものである。 顧客のニーズを追い続けることで、最適なサービス改善を行い、顧客満足度や売上の向上に繋げることができるからだ。そのために欠かすことができない取り組みが、CRM(顧客管理)だ。 海外の小売業界では、CRMをより強化するために、ビックデータを活用する流れが進んでいる。 本稿では全米小売業界(NRF)に参加する企業の中から、CRMに特化したリテールテクノロジーを提供する企業を紹介する。 デバイスに関わらず顧客の声を集め、データベース化 企業名:Answers Corporation 引用:Answers.com Answers

いま注目の最先端インストアマーケティング海外事例3選

今日、インストアにおけるテクノロジーの活用が非常に注目を集めている。海外小売店の最新のビッグデータ活用事例や、オムニチャネル事例などは、小売業者ならば確実に押さえておきたい情報であろう。 今回は海外の小売店が、どのような形で最先端のテクノロジーをインストアマーケティング戦略として活用しているのかを紹介したい。 巨大スクリーンを導入することで、顧客の購買体験をインタラクティブにする 引用:Rebecca Minkoff Rebecca Minkoffは2005年アメリカで設立されたファッションブランドで、日本では先月5/20~5/26に銀座三越で同ブランドの展示会が催された。 今回紹介するのはR

ビッグデータが予測する未来、Predictive Analyticsとその開発企業に迫る

皆さんはPredictive Analyticsという言葉を聞いたことがあるだろうか?直訳すると予測的分析となり、大量のデータを統計的に解析する事により未来予測を可能とする技術の事を指す。これだけ聞くと何だかSFチックで遠い未来の世界の話のように感じられるが、実はアメリカでは既にこのPredictive Analyticsをビジネスに活用し始める企業が出てきている。   この背景には、従来は統計学を専門的に学んだデータサイエンティストがいなければできなかった事を、誰でも簡単に利用できる様にしたSaaS型のPredictive Analyticsサービスを提供する会社が出現し始めた事が

【連載企画】ITで需要予測と24時間予約が可能に!?国内外食産業×ITまとめ

第一回目の記事で外食産業市場について解説を行ったが、今回は外食産業の国内IT活用事例について触れていく。 今回の記事では、ITを活用してコスト削減したあきんどスシローのビッグデータ分析事例と、飲食店向け予約管理アプリとして成長し続けている注目のサービスTORETAについて紹介する。 需要予測で廃棄量を約75%削減(ミューザ川崎店) スシローでトップクラスの売り上げを誇るミューザ川崎店 引用:IT pro 株式会社あきんどスシロー(本社:大阪府)では、回転すし総合管理システムを導入している。 神奈川県川崎市にあるミューザ川崎店では、1分後と15分後に必要な握りネタと数を常に予測。店長の勘と経験に

【連載企画】テクノロジーが活かされる、コンビニ・スーパー業界の「いま」に迫る

近年、飽和状態にあると言われながらも売上高が10兆円に迫るコンビニエンスストア業界。 二大流通グループ、有力地場スーパー、異業種大手資本が軸となって、寡占化に向けた再編が急速に進みつつあるスーパーマーケット業界。 今回の連載企画ではこの2つの業界に焦点を当て、コンビニ・スーパー業界の現状と、いかにテクロジーを用いて課題を解決していくかについて考える。 第1回目となる今回は、コンビニ・スーパー業界の現状に改めて理解して、「いま」業界が抱える課題を明らかにしてく。さらに両業界の今後の動向を考察する。 売上高10兆円に迫るコンビニ業界の現状 引用:セブン-イレブン・ジャパン 昨今、拡大を続けてきたコ

CCCが仕掛ける5,200万人のビッグデータを活用したマーケティング戦略

引用:カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 近年、「ビッグデータ」というワードが世間を賑わせている。ビッグデータとは、従来のデータベースを管理するシステムでは、記録や集約、分析が困難な程に膨大な量のデータ群を指す。近年では、POSシステムに基づく顧客の購買データや、オンライン上の顧客行動データ等、多種多様なデータが取得できるようになってきており、こうしたビッグデータの活用法がその重要さを増している。 例えばGoogleは、検索エンジンと無料アプリケーション経由で取得・蓄積したビッグデータを基に、ターゲティングした広告を展開するなどのビジネスを行っている。 今回は、ビーグデータ活用の事例と

国家機関のデータ分析を支援する「Palantir」がオムニチャネル戦略コンサル「FancyThat」を買収

引用:Palantir picks up Fancy That in latest acqui-hire 「Palantir(パランティア)」は経済、ヘルスケア、国防など多岐にわたり活躍する世界最大級のビッグデータ分析会社だ。 「Palantir」の創業者は言わずと知れたPayPalマフィアの首領こと、ピーターティールだ。企業の市場価値は1.5兆円に上り、「Palantir」の顧客の中にはCIAやFBIなどの国家機関も存在する。 先日、そんな「Palantir」が小売向けオムニチャネル戦略コンサルタント会社の「Fancythat(ファンシーザット)」を買収したと報道された。 これにより、「Pa

アクセンチュアが考える世界にインパクトを与える6つのトレンド

アクセンチュアは2013年の発表で、全てのビジネスがデジタルで繋がる世界がやってくると語った。その後2014年のTechvisionにおいては、既存市場にイノベーションを起こすような技術革新が大企業を中心に進み、デジタルを駆使した企業が競合優位性を持つようになると発表した。 以下に並べた6つのトピックは、「すべてのビジネスがデジタルに」という、アクセンチュアの考えのもと、アクセンチュアが考えるテクノロジーの構造的な変化と、世界中の組織に影響を与える要素を盛り込んだものとなっている。テクノロジーの進展とともに、世界はどう変わっていくのだろうか。 Accenture Technology Visi

国家の危機を未然に防ぐ世界最強のベンチャー企業「Palantir」

引用:http://inserbia.info/today/wp-content/uploads/2013/09/cia.jpg アメリカでは、CIAやNSAといった情報機関のデータ収集に関して激しい議論が起きている。データ分析は、テロや自然災害などの被害を未然に防ぐ為に活用されているが、それが行き過ぎて個人の監視を行う為に使われているとして、プライバシーの侵害を訴える人も存在する。 2013年に元CIA局員のエドワード・スノーデン氏が、アメリカ国家安全保障局、NSAが違法なデータ収集や盗聴を行っていると告発した事件は記憶に新しい。 映画では、メガネをかけた分析官がとても複雑そうなシステムを操

スマートデバイスがもたらす消費者中心のオムニチャネル戦略事例

近年、各種メディアで「オムニチャネル」という言葉が注目を集めている。オムニチャネルとは、言葉の通り「すべてのチャネル」という意味で、あらゆるチャネルを連携させて消費者にアプローチする手法だ。 この言葉の浸透スピードが速いのは、オンラインでの購買が急速に普及したからにほかならない。また同時に従来から展開しているリアル店舗への誘客や、その後のオンライン店舗への相互再送客が、企業にとってマーケティングしていく上で避けては通れない問題になったということもある。消費者がスマートデバイスを常時携帯し、どこでも情報を収集・発信する時代となっているのだ。 今回は、そんな時代を生き残るために、スマートデバイス・

アマゾンジャパン、検索データ等を活用し食品メーカーとの共同開発を拡大

引用:Vive La Palestina Amazon.co.jp(以下、Amazon)は、「Amazon.co.jp限定商品」として、新たに4つの商品を販売開始(一部予約開始)した。 消費者のサイトの検索や閲覧データを使い、日清シスコ株式会社や株式会社伊藤園などと共同で開発した商品の販売を10月に始めた。Amazonは自社サイトだけで扱う商品を増やし、新規顧客の獲得などに役立てる。検索データ等を活用しているだけあり、ニーズも高いだろう。 新たに加わった4つのラインナップ 引用:Amazon 検索データをもとに、Amazonの顧客ニーズに合わせて日清シスコと共同で開発した、国内初の“砂糖不使用

  • メルマガお申込み