iBeacon

iBeaconに関する、世界の最新テクノロジー情報をお届け!iBeaconテクノロジーの動向だけでなく、ビジネスへの活用方法に関する記事をご紹介します。

iBeacon の記事一覧

【後半に成功事例】アイビーコンより効果あり?小売店の売上アップに直結するデータ解析ツール4選

引用:flickr 小売店売上アップに寄与する、iBeacon(アイビーコン)に代わる新しいツールの効果が実証され始めている 「モノはネットで買う」が普通の世の中、実店舗でのコストカットは必然的である。このトレンドの中で、マーケティング支援ツールとしてiBeaconなどの販促サービスが現れた。ただ現状、こう言ったツールによって目に見えて成果が上がった、という報告はあまり聞かない。 ▼このあたりは、iBeaconに関するこちらの記事に詳しい iBeacon(アイビーコン)はもう終わり!?導入が進まない5つのワケとは iBeacon(アイビーコン)記事まとめ 実店舗マーケティング担当者にとって、効

リテールの未来を体感!海外リテールテクノロジー5選

 引用:retailtechnologyexperts.com 2015年、小売業界ではBeaconやウェアラブルなどの先端テクノロジーを活用して、顧客の購買体験を向上させる取り組みが多く見られている。 今回は5つの先端テクノロジーを活用した海外企業のサービス事例を紹介する。今後、BeaconやAR(Augmented Rearity:拡張現実)、3Dプリントといったテクノロジーによって、小売業界がどのように変化していくのか見ていきたい。 POSシステムで売り上げを二倍に伸ばしたOREA CAFE 引用:vendhq.com オーストラリアに展開するOREA CAFE(オレアカフェ)は、Ven

【イベントレポート】デジタルマーケティングのキーマンが語るオムニチャネルの現状と課題

2015年9月8日にお茶の水ソラシティにおいて、ネット&スマートフォン・コマース2015というイベントが開催された。同イベントの中で、東急メディア・コミュニケーションズ株式会社(以下東急メディア・コミュニケーションズ)と株式会社リクルートライフスタイル(以下リクルートライフスタイル)の両社から、デジタルマーケティング関連のキーパーソンが登壇し、「東急グループの店舗送客成功事例にみるオムニチャネルの潮流〜小売ビジネスにおけるデジタルマーケティングの可能性〜」をテーマにパネルディスカッションを行った。 本記事では、同セッションの内容を紹介するとともに、オムニチャネルの現状、それを活用している東急電

絶対保存!これさえ押さえれば大丈夫、IoT記事総まとめ

米国リサーチ会社Cisco(シスコ)によれば、2020年には500億台の機器がインターネットに接続されるとされている。近年のIoTへの注目度は目を見張るものがあり、最近ではIoA(Internet of Animal)と呼ばれるウェアラブル端末を利用した動物との関わり方や、デバイス間で音を利用して情報交換を行う音のインターネット化なども注目を集めている。 そこで今回は、これまでイノベーションラボ編集部が紹介してきた、IoT関連の記事をまとめて紹介する。今回紹介する記事が、皆様がIoTへの理解を深める上での一助となれば幸いである。 これさえ読めばIoTの概要がわかる 引用:Internet of

夏の終わりに総復習!iBeacon(アイビーコン)記事まとめ

蝉の声も次第に小さくなり、風も冷たくなってきた。もう夏が終わろうとしているが、皆様はいかがおすごしだろうか。 今回はそんな季節の変わり目に読みたい、iBeacon記事の総まとめを紹介する。今まで注目を集めてきた記事をまとめて紹介するので、iBeaconの情報を収集する際には、ぜひともこのページを参考にしていただきたい。 iBeacon(アイビーコン)を知らない方はまず、こちらの記事から。 これだけ知っていれば大丈夫!O2O・オムニチャネルマーケティング担当者に必要なiBeacon知識まとめ(前編) これだけ知っていれば大丈夫!O2Oオムニチャネルマーケティング担当者に必要なiBeacon知識ま

この夏大活躍!iBeacon(アイビーコン)で楽しさ倍増アプリまとめ5選

ついに2015年の夏が到来した。 夏といえば、海水浴、花火大会、キャンプ、お祭り、夏フェスといった楽しいイベントが盛りだくさんである。 そんな夏のイベントを最大限楽しむため、iBeacon(アイビーコン)を活用したアプリが続々登場しているのご存知だろうか。 今回は、この夏を楽しみ尽くす5つのiBeaconアプリを紹介する。 ※iBeacon(アイビーコン)とは?詳しくはこちら ▼関連記事 魔法のツール?期待はずれ?いま話題のiBeacon(アイビーコン)を徹底解明! iBeaconによるビッグデータ取得で店舗運営が変わる?! iBeacon関連企業4選 iBeaconを使って「リアル鬼ごっこ」

魔法のツール?期待はずれ?いま話題のiBeacon(アイビーコン)を徹底解明!

小売関係者の間ではiBeacon(アイビーコン)という言葉が「クラウド」や「ビッグデータ」のようにバズワードになりつつある。しかし、実際にiBeaconがどのようなもので、何が出来るものなのか、よく知らないという人が意外と多いのではないだろうか。 今回は、そんな人のためにそもそもiBeaconとは何なのか、何ができるのか、導入時に何が課題になるのかについて詳しくご説明したい。 話題のiBeaconとはそもそも何なのか? 引用:Momentology 「iBeacon(アイビーコン)」とは、2013年9月からAppleのiOS7に搭載されるようになった、Bluetoothを利用した無線技術である

アメリカ最先端テクノロジーに見る、2020年までに起こる小売業界5つの変化

※Arch for Startupより寄稿 現在、小売業界はオンライン販売の普及や、様々な技術の発展により大きな変化のまっただ中にいる。 マーケティングの調査会社eMarketerのレポートによると、2014年度における全世界でのeコマースの売上は1.3兆ドル以上であり、2013年の売上から22%もの上昇でオンライン販売の急速な普及が伺える。 また、アメリカではここ数年で4000以上のリーテル関係のスタートアップが生まれておりテクノロジーの発展はとどまることを知らない。 引用:Which Countries Prefer to Shop Online and How Retailers Are

iBeacon(アイビーコン)はもう終わり!?導入が進まない5つのワケとは

引用:Forbes 2013年末にiBeacon(アイビーコン)が登場し、2014年はiBeaconの普及が話題になった一年であった。 スマートフォンの普及により顧客行動が大きく変化する中で、店舗内で顧客とインタラクティブなコミュニケーションが可能であり、かつ顧客行動のデータ収集ができるiBeaconは、ECの台頭などの危機に迫られた小売り企業にとって救世主のような存在であった。 事実、iBeaconに対する期待は非常に大きく、当メディアでも過去に何度も取り上げていた。しかし、現実世界で登場する救世主の多くがそうであるように、iBeaconも期待外れに終わってしまうかもしれない。 今回は、iB

市場規模2兆円!デジタルサイネージによって革命が起きる訪日観光産業

近年、訪日観光産業が大きな盛り上がりを見せている。 観光庁によると、2020年の東京オリンピックの開催へ向けて、訪日観光客は2020年に年間2000万人にまでのぼると予想されている。また、訪日観光客の増加を見据え、デジタルサイネージと呼ばれるスクリーンの表示と通信にデジタル技術を使用して、映像や情報を表示する広告媒体技術に注目が集まっている。 そこで今回はデジタルサイネージと観光産業の親和性について解説していく。 ▼参照 観光庁アクションプラン 訪日外国人消費動向調査 外国人旅行者の日本の受入環境に対する不便・不満 デジタルサイネージ市場の伸び 訪日観光客が増加することで国内経済は活性化される

最先端テクノロジーがもたらす小売店舗の未来とは?

今回の連載では、小売店の経営課題や小売業におけるデータサイエンティストの価値、小売業におけるビッグデータの活用を紹介してきた。これらの記事に引き続き、今回は小売店の未来像を紹介したい。 iBeaconやビッグデータの普及で近年の小売店の変化は著しいものとなっている。 そのような中、Industry website Retail Prophetの創設者であるDoug Stephensは、小売店の未来を予測しており、小売店は今後10年で、過去1,000年間よりも劇的に変化すると述べられている。 小売店で行われる単純労働に、従業員は必要なくなる 引用:retailtechnology 従業員への人件

IoTにiBeacon、最新テクノロジーを活用した注目の海外クラウドファンディング5選

皆さんはクラウドファンディング(Crowdfunding)をご存知だろうか?クラウドファンディングとは、あるプロジェクトに対してWeb上から不特定多数の人に出資を募るという新しい資金調達の形だ。 クラウドファンディングサイト大手のKickstarterやIndiegogoでは、日々ユニークなプロジェクトが出資を受けてスタートしている。 今回はそんな中から注目を集めるテクノロジー系プロジェクトを4つをご紹介したい。 いつでもどこでも気軽にマッサージ 「i Massageo」 引用:https://www.indiegogo.com/projects/imassageo-the-first-app

データ分析で売上向上!次世代リテールテクノロジー企業まとめ

今回は、2015年1月にニューヨークで開催されたNRF BIG SHOW 2015出展企業の中から、未来のリテール企業を成長させる可能性に溢れる企業を紹介する。 例えば、リアル社会のデータ分析を得意とする企業。POSやWi-Fi、Beacon(ビーコン)と連動させた店舗向け分析ソリューションを提供し、店舗売上向上や新しい顧客体験を促進を担う、注目企業が揃っている。 またリテール業界では近年、SaaS型のクラウドサービスに注目が集まっている。小売企業側の大きな導入メリットとしては、リアルタイムでの店舗内の状況把握が可能なことで、即時性を持って現場での改善施策を打つことが可能になる。 また空間に限

スタジアムの臨場感をそのままに!スポーツ業界に変革を起こすテクノロジー事例3選

スポーツは古代エジプト時代には既にあったとされ、何千年を経た現代社会でも広く親しまれている。公益財団法人 日本生産性本部によると、スポーツ業界の市場規模は国内だけでも3 兆 9,150 億円(2012年)にのぼる。 そんなスポーツ業界では、近年、テクノロジーとの融合が多く見られるようになった。今回はスポーツ業界が直面しているいくつかの課題を解決するテクノロジーをご紹介する。 ▼参照 http://www.mext.go.jp/component/a_menu/sports/detail/__icsFiles/afieldfile/2014/12/08/1353860_4.pdf スポーツ業界に

iBeaconによるビッグデータ取得で店舗運営が変わる?! iBeacon関連企業4選

皆さんがIT、もしくは小売関係者ならiBeacon(アイビーコン)を知らない人はいないだろう。 (知らない人はこちらをチェック) 日本全体で約40%(若年層では80%弱)まで普及したスマートフォン、更に2013年ごろから登場したiBeaconにより小売業界のあり方は大きな変化を迎えようとしている。今回は、そんなiBeaconを活用して新たなサービスを提供するスタートアップ4社を紹介したい。   超音波&Bluetoothを活用するiBeaconプラットフォーム「Signal360」 引用: https://media.licdn.com/media/p/1/005/07d/13b/2

【連載企画】テクノロジーは外食産業復活の狼煙(のろし)となるか

近年、「ビッグデータ」という言葉はあらゆる市場を賑わるキーワードとなっている。そんな中、アナログな印象が強い外食産業にも、テクノロジーの活用の波が及んでいるのを皆さんはご存知だろうか。 外食産業におけるテクノロジー活用という連載企画の第1回目ということで、今回は外食産業の市場動向を解説して、テクノロジーが具体的にどの様な分野で活用されていくのかを考察していく。  市場規模は23兆円!外食産業の「いま」 外食産業総合調査研究センターの発表によると、外食産業の市場規模は1975年時点で約8兆6,257億円だったものが、1997年には約29兆702億円へと3倍以上の成長を遂げた。しかし、この1997

まとめ読み!シアトル発Arch for Startupが紹介する海外O2O事例記事17選

Arch for Startupは、2014年6月に設立されたシアトルに拠点を置く団体だ。彼らのビジョンは日本とシアトルのスタートアップのためのプラットフォームを構築し、相互の経済発展に貢献することである。 主な活動内容に関しては、シアトルで活躍しているスタートアップ企業への独占インタビューや現地イベントのレポートなど多様である。 シアトルは、MicrosoftやAmazonをはじめとする大手IT企業の本社や、StarbucksやCostcoといった大手小売企業の本社があり、且つ人材面、環境面も充実したスタートアップエコシステムも形成されていることから、今後益々成長することが期待される。 今回

【連載企画】世界で最も進化している日本のコンビニ・スーパーの未来 

今週はコンビニ・スーパー×ITをテーマに連載企画を実施してきた。 私たちがほぼ毎日利用するコンビニだが、実は世界的に見ても最も洗練されたオペレーションを持つ業態の一つと言われている。さらに、比較的アナログな分野とされていたコンビニにも、最新のテクノロジー活用が進み始め、大きくその様相を変えようとしている。 今回は、変化を迎えつつあるコンビニの未来についてご紹介したい。 ▼連載企画バックナンバー 第1回:テクノロジーが活かされる、コンビニ・スーパー業界の「いま」に迫る 第2回:コンビニ業界大手3社のビックデータ活用事例まとめ 第3回:スーパーマーケットのIT活用事例まとめ iBeacon(アイ

【連載企画】ファッション×テクノロジーの最先端を行く専門家が語る未来の姿

従来のファッション業界で最も重視されていたのは「イメージ」だった。人々が受ける印象やイメージが全てと言っても過言ではないファッションは、数字が最も重視されており、マーケティングからビジネスの目標設定まで数値を元に構築されているIT業界とは対象的であった。 この様な感覚の違いからか、ファッション業界は以前よりIT化の最も遅れている領域の一つであったが、ECの台頭やスマートフォンの普及に伴う顧客の購買行動の変化などの急激な市場環境の変化を背景に、新しいテクノロジー活用が進んでいる。 具体的な例で言えば、iBeaconや集客アプリなどの取り組みが記憶に新しいだろう。 本稿では、テクノロジーにより変化

【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

ここ10年、日本国内のファッション業界市場はやや縮小傾向にある。経産省の調査によれば、2013年のファッション業界市場規模は約18兆円と、2002年の約20兆円から1割減。同時に、今後成長するアジア市場への海外展開の必要性も指摘されている。 一方で、同じファッション業界でもECに関しては、市場規模拡大が見込まれている。同じ経産省の調査では、日本国内のEC市場は2020年には2.6兆円規模に達するとの予測だ。この背景には、スマホやタブレットなどの普及により、一般生活者が習慣的にITを活用するようになったことがある。 生活者にスマホ・タブレットが普及するに伴って、これまでテクノロジーから最も遠い業

【連載企画】企業も学生もスムーズに対応!Beacon(ビーコン)×就活アプリ紹介

皆さんが就職活動をしていた時代は選考中の企業のパンフレットや、書類などが部屋に溢れ返った記憶はないだろうか? 今回はBeacon(ビーコン)を就活に活用することで、企業と学生にメリットをもたらそうとする2社の取り組みをご紹介する。 履歴書や選考ステータスの一元管理が可能になるペーパーレスアプリ「attache」 まずは株式会社ギブリーが提供している就職活動アプリ「attache」をご紹介する。 attacheは履歴書や選考ステータスの一元管理が可能になることでペーパーレス化を促し、学生と企業の就職活動をより効率化させるアプリだ。 attacheはログインしたらすぐに、いま現在開催されているセミ

地域振興の救世主!「位置情報ゲーム」を展開するモバイルファクトリーのO2O施策に迫る

最近、モバイルの位置情報を使ったゲーム「位置情報ゲーム」が注目を集めている。位置情報ゲームとは、ユーザーが実際に場所を移動することでゲームを進行する事が出来るゲームのことを指し、Googleの社内スタートアップ、NianticLabsが開発した、「Ingress」が有名だ。 国内で位置情報ゲームを手掛ける企業としては、「位置ゲー」を商標登録している株式会社コロプラのほかに、全国各地の鉄道駅に実際に足を運び、全国の鉄道駅を集めるという内容の「ステーションメモリーズ!(略称:駅メモ!)」や、「駅奪取PLUS」「駅奪取」などの位置情報ゲームを提供している、株式会社モバイルファクトリー(以下モバイルフ

Beaconソフトウェアのイノベーションを目指すスタートアップArtifact Technologies

※「Arch for Startup」より寄稿 アメリカでは今、数々の最先端技術を持つスタートアップがBeacon開発に取り組んでいる。まだ実験段階ではあるものの、過去の記事でも紹介したように、NFL(アメリカンフットボール)、MLB(野球)をはじめ、Macy’sなどの著名百貨店の一部店舗では既に導入が始まっている。我々Arch for Startupが拠点とするシアトルはBeaconのソフトウェアを開発するスタートアップが盛んな街である。今回は、シアトルでBeaconソフトウェアの開発を手掛けるスタートアップであるArtifact Technologiesという企業を紹介する。

国内最大級グルメアプリ「ホットペッパーグルメ」のBeacon活用O2O事例

2月9日、国内最大級グルメクーポンアプリ「ホットペッパーグルメ」を運営する株式会社リクルートライフスタイル(以下、リクルートライフスタイル)は、Beaconを活用したO2O実証実験を開始した。 Beacon(ビーコン)とは、スマートデバイスに搭載されているBluetooth Low Energy(BLE)を利用した近距離無線通信技術である。2013年にiOS7に標準搭載されて以降、スマートデバイスが普及したこともあり、O2O(Online to Offline)施策への利用などで注目されている。 本記事は、リクルートライフスタイルのホットペッパーグルメアプリが実施している、Beaconを活用し

2015年Beacon関連市場規模は43兆円に!関連記事総まとめ

2014年は「Beacon(ビーコン)の年」といっても過言ではないほど、Beaconに注目が集まった。Beaconとは、BLE(Bluetooth Low Energy)という通信規格で、モバイル端末の位置情報を特定し、必要な情報を常時配信するというものである。NRI Knowledge InsightによるとBeaconを含むO2Oの2015年の市場規模は43.8兆円と推測されている。 2013年6月、Appleの開発者イベントで発表されたiBeaconは、国内外問わず、広い範囲で導入されている。しかし、まだ多くの人はiBeacon機能を実際に体験したことがなく、どのような便利さがあるのかイ

シアトルNFLチーム「シーホークス」公認ストアも導入するBeaconテクノロジースタートアップ

※「Arch for Startup」より寄稿 引用: Seahawks 公式サイト 約2週間前にアリゾナ州で行われたアメリカのスポーツ史上最大の影響力を誇るスーパーボウル。対戦した2チームのうちの一つはシアトルを拠点とするシーホークスである。日本ではアメフトは馴染みの薄いスポーツかもしれないが、アメリカでは一番人気のスポーツということもあり、スーパーボウルの盛り上がりはとてつもない。 周辺地域への経済効果は、なんと1試合につき約6億円以上というデータもあるほどだ。今年は優勝を逃してしまったものの、シーホークスは2年連続のスーパーボウル出場ということもあり、チーム関連グッズの売り上げはすごいス

顧客体験が鍵を握る!マッキャンエリクソンが語る2015年のリテールトレンド

マッキャンエリクソンは、アメリカのニューヨーク本社を拠点とし、現在世界125カ国306都市にオフィスを持つ世界的な広告会社である。今回は、世界最先端のマーケティングを開拓する彼らが示す2015年6つの小売トレンドについてご紹介したい。 1:Automated/Consumption 引用:You can’t avoid the ‘Internet of things’ hype, so you might as well understand it 2015年はIoTの時代が到来し、家の中にはインターネットに接続された電化品・デバイスが溢れるだろう。そして、生活に必要な消耗品などは、スマートな

iBeacon導入を考えているあなたへ!海外の活用事例から学ぶiBeaconの3つの活用方法

「iBeacon(アイビーコン)」とは、AppleのiOS7から搭載された、Bluetoothを利用した無線技術である。2014年は国内外問わず、レストラン、空港や美術館など、様々な場所で活用が試みられた。また、iBeaconを用いることで、店舗は顧客のスマートフォンに商品情報やクーポンをプッシュ通知できるため、O2Oの切り札として小売店での活用が注目を浴びてきた。 61%の顧客がセールスの情報を店舗内で受け取りたいと考えている 参照元の記事によると、61%の顧客が店舗でセールス商品に関するメッセージを受け取りたいと考えているのに対し、そうしたメッセージを受け取っている顧客は全体の半分以下であ

東欧で広がる5つのリテールトレンドから全世界的なリテールの未来を予測する

近年、技術の発展を背景に、小売業界は変化し続けている。この変化は、アメリカ、アジア、ヨーロッパなど地域を問わず共通の、世界的なトレンドである。 今回は、東欧でリテールテクノロジーを提供しているNew Vision Balticが公開している「What will drive the Retail Technology in 2015-2016」の中から、2015年から2016年の間に小売業界がどう変化していくのかを読み解いていきたい。 What will drive the retail technology in 2015-2016 from New Vision Baltic バルト三国の小

海外iBeacon導入事例から見るiBeacon導入のメリットと課題

2013年末にiBeaconが登場し、2014年はiBeaconの普及が話題になった一年であった。一方でオンラインでの商品の購買比率が高まっているなか、iBeaconの技術は店舗での購買体験を再定義することができるだろうか? 本編集部でも、iBeaconについては2015年のデジタルマーケティングのトレンドとして度々取り上げている。今回の記事では海外の事例紹介とともに、iBeaconの導入により可能になることやそのメリット、また導入への課題について、改めてまとめていきたい。 ▼参照 http://www.theguardian.com/media-network/media-network-b

  • メルマガお申込み