アパレル業界(最新動向)

アパレル業界に関する、世界の最新テクノロジー情報をお届け!アパレル業界の最新動向だけでなく、最新動向から読み解けるビジネスへの活用方法に関する記事をご紹介します。

アパレル業界(最新動向) の記事一覧

2015年の事例から読み解く、アパレル業界2016年のトレンドとは?

アパレル業界を始めとした小売業界において、オムニチャネル・パーソナライゼーションという言葉が聞かれはじめて久しいが、2015年はオンライン・オフラインといったチャネルを越えたシームレスなプロモーションや、個別に最適化された顧客体験などが注目された。 2016年もこれらのトレンドは継続すると考えられるが、特に店頭での顧客体験価値を高めるような施策が、さらに注目をあつめることになるだろう。 本記事では、2015年でのアパレル企業の先進的な取り組みをふまえ、2016年のアパレル企業のトレンドを紹介したい。 ▼参照 Fashioning a Winning Strategy: The Top 5 Tr

【アンケート】おしゃれ大学生100人に徹底調査!ショッピングはリアル店舗?それともEC?

最近リアル店舗に足を運ばずともお買い物ができるECサイトが消費者の間で普及しつつある。 ECサイトはインターネットのある環境であればどこにいても商品を購入することができる便利なサイトだ。 毎日を私服で過ごし、おしゃれに敏感な年ごろの大学生。 彼らの間ではお買い物の際に話題のECサイトが利用されているのだろうか、はたまたリアル店舗をを利用されているのだろうか。 今回の記事では、おしゃれで有名な某大学を含む計9大学の、100人の現役大学生たちにアンケート調査を実施し、彼らのお買い物事情を徹底調査した。

アパレル業界必見!話題のファッションECサイトを分類してみた

ファッションECサイトの普及によって、消費者はどこにいてもパソコンやスマートフォンでお買い物ができるようになった。 新しい年を迎えた現在、消費者の間ではどのようなファッションECサイトが利用されているのだろうか。 今回の記事では、現在注目されているファッションECサイトを分類別に紹介していく。

ZOZOTOWN人気ブランド20個のInstagramから学ぶ、ファン獲得のためのキーワード

2014年から今年にかけて急速にユーザーを増やしている写真投稿SNS「Instagram」 公式サイトの発表によると2010年10月のサービス開始から、2015年10月までの5年間で、月間アクティブユーザー数は全世界で4億人、投稿された写真は400億枚を突破。また、1日に投稿される写真8,000万枚以上だという。また、今年6月には日本でも月間アクティブユーザー数が810万人を超えたという発表があった。 ファッション業界においても、O2O施策や、プロモーション、そして顧客体験向上のための重要なビジネスツールとして、数々のブランドが公式アカウントの運用を始めている。 前回の記事「ファッションブラン

ファッションブランドのInstagramランキングTOP50から読み解く、ファン獲得の秘訣とは?

2014年から今年にかけて急速にユーザーを増やしている写真投稿SNS「Instagram」 公式サイトの発表によると2010年10月のサービス開始から、2015年10月までの5年間で、月間アクティブユーザー数は全世界で4億人、投稿された写真は400億枚を突破。また、1日に投稿される写真8,000万枚以上だという。また、今年6月には日本でも月間アクティブユーザー数が810万人を超えたという発表があった。 ファッション業界においても、O2O施策や、プロモーション、そして顧客体験を向上させるための重要なビジネスツールとして、数々のブランドが公式アカウントの運用を始めている。 今、インスタグラム上で人

最新版!海外ファッションブランドが行うテクノロジー活用事例3選

前回、1分でわかる!ファッション業界における7つのテクノロジー活用事例まとめで国内事例を中心に、今ファッション業界で活用されているテクノロジーを7つご紹介した。 今回は、トミーヒルフィガー、ZARA、Everlaneといった3つの海外ブランドを例に、今後日本でも導入が期待される、ファッション業界におけるテクノロジー活用事例を紹介する。   【お知らせ】「ファッション×テクノロジー最新サービス紹介資料」を新たに公開いたしました。この記事の末尾にてご紹介しております。 ハイブランド実店舗に導入された接客の待ち時間を有効活用するためのVR「We Make VR」(トミーヒルフィガー) 引用

アドテック東京2015速報レポ!新規出展企業に見るデジタルマーケティングの未来とは?

  2015年12月1日(火)、2日(水)、国内で7回目の開催となる「ad:tech tokyo 2015」が東京国際フォーラムで行われた。 本イベントはデジタルマーケティングに従事する人を対象としており、参加者は、広告主、広告代理店、媒体社など幅広い。 今回2日間を通して、101個のブース出展企業と183名の登壇者がデジタルマーケティングに関する最新情報を発信した。 O2Oイノベーションラボ編集部は、12月2日にad:tech tokyo 2015へ参加し、 新規出展企業ブースを実際に回って見つけた、今後注目すべき3つの企業の事業紹介と、そこで感じた今後のデジタルマーケティング市場

今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

引用:Urban Outfitters 11月16日、アメリカのセレクトショップであるUrban Outfittersの親会社Urban Inc.が、ピザチェーンであるVetri及び複数のレストランを買収し、飲食業界に参入することを発表した。 なぜ今、アパレル業界は飲食業界に参入するのだろうか?そしてそれは今後どのような展開を見せるのだろうか?   ファッション業界で進む飲食事業展開の動き ピザチェーンを買収したUrban Outfittersはアメリカペンシルバニア州のフィラデルフィアに本社を置く、セレクトショップで、アメリカとヨーロッパにおいて238店舗(2015年1月時点)を展

試着ができるネットショッピング?テクノロジーで変わるECの未来とは

「サイズが小さすぎた」「思っていた色と違う」などインターネットで服を買うときの失敗は誰でも経験があり、一度の失敗でネットショッピングから遠ざかってしまう人も少なくないだろう。しかし、どこにいても服を買うことができ、すぐに家に届くのは非常に魅力的なサービスである。 今回はECにおける衣料品購入の現状と、それがどのように変わってきているのかを見ていきたい。 ▼関連記事 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている 【連載企画】ファッション×テクノロジーの最先端を行く専門家が語る未来の姿   市場規模からみるECの現状 引用:sertek media EC(Electronic

オムツでAmazonに恐れられた男の再挑戦「Amazon.com」VS 「Jet.com」

※Arch for Startupより寄稿 引用:Jet.com’s Valuation Nears $600 Million Before Launch Marc Lore という男をご存知だろうか。5年前、ベビー用品に焦点を当てたサービス”Diapears.com”でEコマース戦線を賑わせた人物だ。その彼が今回、本気で業界の巨人、Amazonを倒すべく”Jet.com”というサービスを開始した。 サイトを公開してない2月の段階で既に2億2,000万ドルを調達し、先月には、Alibabaが1億4000万ドルをJetに出資した。これらの情報が、Jet.comに“打倒アマゾン”の秘策があることを

一挙公開!アマゾンとの熾烈な戦いに挑む新興EC企業の3大マーケティング戦略

※Arch for Startupより寄稿 ズーリリー社をご存じだろうか。同社はシアトルを拠点とする e-commerceカンパニーであり、小さな子供を持つ母親世代をターゲットとして衣料、雑貨、キッチン用品、子供向け玩具等を販売している。 同社のマーケティング戦略は極めてユニークであり、flash salesをはじめとして、これまでのe-commerceカンパニーの常識を覆す手法で、アマゾン社との戦いに挑んでいる。 今回は、同社のユニークなマーケティング戦略についてお伝えする。 1.これまでの沿革 ズーリリー社は、共同創業者であるCavens氏(現CEO)とVadon氏(現会長)によって、設立

ファッション×ムービーの相性はいかに!?アパレルブランドの動画事例【 2014年度版】

この記事は、アパレルマーケティング(http://www.apparel-marketing.com)より転載しております。 2013年の11月に特集した「ファッション×ムービーの相性はいかに!?アパレルブランドの動画事例」2013年のまとめでは動画を駆使したコンテンツやSNSは増加傾向に有るとの結論がでましたが果たして今年も増加傾向にあるのでしょうか?また、増加傾向にあるのなら今年はどんな動画が訴求されているのか?3つの事例と共に考えていきたいと思います。 昨年のリサーチ結果はこちら ①加速するSNSでの動画訴求 昨年以上にSNS×動画の組み合わせが多く見られます。「vine」や「Insta

  • メルマガお申込み