【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

WRITER : 野田 勝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最近ディープラーニング(Deep Learning)という言葉が世を賑わしている。Googleトレンドが示すところによると、2013年辺りからディープラーニングというワードは注目を浴び始め、最近では自動運転を構築するコンピュータ「NVIDIA DRIVE」にディープラーニングが用いられた事でも注目を集めた。

本日から五回にわたって、「ディープラーニングと未来」というテーマで連載を行う。今回は「ディープラーニングと未来」の連載第一回目として、ディープラーニングとは何かに迫りたい。

第1回:【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

第2回:【連載企画】やさしく分かるディープラーニング(Deep Learning)の成り立ちと歴史

第3回:【連載企画】世界の超巨大企業が取り組むディープラーニング(Deep Learning)開発

第4回:【連載企画】ディープラーニング(Deep Learning)開発を行う海外スタートアップ3選

第5回:【連載企画】AI・ディープラーニング(Deep Learning)に関する3つの未来予測

▼関連記事

ABEJAと三越伊勢丹、最先端技術「ディープラーニング」で店舗開発

機械が自ら考える第三世代コンピューティング

c02

引用:http://cyceera.com/cognitive-computing/

コグニティブ・コンピューティングという言葉をご存知だろうか。コグニティブとは認知という意味を持ち、コグニティブ・コンピューティングとは、システム自身がある事柄について考えて、自分で答えを導き出すシステムのことをいう。

日本IBMの代表取締役社長であるマーティン・イェッター氏は、「コグニティブ・コンピューティングとは、コンピューティングの発展の歴史の中で第3世代にあたります。コンピューターはデータを数えるための計算機として誕生しました。これが第1世代です。やがてOSやソフトウェアが作られ、プログラムによって動く第2世代へと進化してきました。そして今、コンピューター自身が学習する第3世代へと移ろうとしているのです」と説明する。そして、第三世代のコグニティブ・コンピューティングの中の一種がディープラーニングである。

物体の特徴を自力で学習することが可能に

c03

引用:http://people.cs.umass.edu/~elm/

従来は物体の特徴を捉えて認識する能力は、人間固有のものであった。例えばリンゴを見て、それをリンゴだと認識したり、ミカンをみて、リンゴではなくミカンであると認識する能力のことである。そして従来の機械学習では、例えばリンゴは赤い、リンゴは丸いなどの特徴を人間の手によって定義しなくてはいけなかった。しかし、世界的な機械学習の権威であるトロント大学のヒントン氏は、ディープラーニングを用いて機械が自動で物体の特徴を抽出して認識する技術を開発した。

例えば機械にリンゴの画像を大量に読み込ませると、機械が自分自身でリンゴの特徴を学習し、リンゴを認識できるようになる。そして読み込ませるリンゴの画像の枚数が多ければ多いほど、リンゴであると判断する基準が増えるため、その精度は向上していく。

ディープラーニングの活用用途

c04

引用:Nvidia’s Tegra-powered Drive PX system brings augmented reality smarts to your car

ディープラーニングが得意とするのは、主に音声認識や画像認識、自然言語処理の分野である。また、冒頭で紹介したように、最近では自動運転技術の開発にも一部ディープラーニングが用いられていたり、医療の分野でも、レントゲンやCTスキャンの検査結果を機械に読み込ませることで、病気を自動検出するようなシステムの構築も理論的には不可能ではなく、その活用分野は幅広い。

次回連載第2回は、ディープラーニングの成り立ちを紹介する。

第1回:【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

第2回:【連載企画】やさしく分かるディープラーニング(Deep Learning)の成り立ちと歴史

第3回:【連載企画】世界の超巨大企業が取り組むディープラーニング(Deep Learning)開発

第4回:【連載企画】ディープラーニング(Deep Learning)開発を行う海外スタートアップ3選

第5回:【連載企画】AI・ディープラーニング(Deep Learning)に関する3つの未来予測

▼前回連載記事「スマートシティの未来」

第1回:【連載企画】世界の最先端ICT技術が結集!未来型都市「スマートシティ」とは?

第2回:【連載企画】シンガポール・オランダ・インドの海外事例から読み解く世界のスマートシティ動向

第3回:【連載企画】日本のスマートシティプロジェクトから持続可能な未来を考える

第4回:【連載企画】最新テクノロジーで夢のスマートシティを実現する先端企業5選

第5回:【連載企画】スマートシティの未来に関する3つの予測

▼関連記事一覧

自動運転自動車の未来を拓くコンピュータ「NVIDIA DRIVE」の性能に迫る

機械学習技術が命を救う!IBMが皮膚癌の早期発見技術を開発

「Skype Translator」は英語すら必要のない未来を実現するのか?

日常を様変わりさせる2015年注目のテクノロジー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら

  • メルマガお申込み