これだけ知っていれば大丈夫!O2Oオムニチャネルマーケティング担当者に必要なiBeacon知識まとめ(後編)

WRITER : Editorial department

  iBeacon

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今、「オムニチャネル」や「O2O」の分野で注目を集めている新技術がある。2013年9月にリリースされたiBeacon(アイビーコン)だ。2014年度に入り、国内の代表的なパソコン雑誌「週刊アスキー」や「MacPeople」が相次いで、iBeaconの特集を掲載している。国内では楽天や大日本印刷がiBeaconを利用したブロモーション施策を実施している。

海外事例では、イギリス大型スーパー「Tesco」「Waitrose」がiBeaconを活用した集客サービスのトライアルをはじめたり、コカコーラが次期ワールドカップに向けてiBeaconを使った大掛かりなテストを行うなど、iBeaconを利用したマーケティング事例が増加している。しかし、「名前を聞いたことがあるが、その仕組みや事例については詳しくない」といった方が多いだろう。そこで前回に今話題の「iBeaconとは何か?」そして、「マーケティングを考える上で知っておくべきiBeaconに関する知識」をまとめて、後編である今回は「メーカー別の端末比較」と「今後の展望」を紹介する。

4300-1280

引用元:Estimote Beacon

前編記事:これだけ知っていれば大丈夫!O2O・オムニチャネルマーケティング担当者に必要なiBeacon知識まとめ(前編)

 

どれがおすすめ?店頭プロモーションに必須のBeacon端末比較

前述したように、iBeaconを利用したプロモーションを実施する場合、Beacon端末が必要だ。必要個数はプロモーションの内容や店舗の面積によって異なるが、多ければ多いほど顧客の正確な位置を把握できる。iOS7以降を搭載したiPhoneやiPadをBeacon端末として利用することもできるが、1台当たりの単価が高いことと、壁や天井などに取り付けて利用することが多いことから、お勧めはできない。サードパーティから安価な専用モジュールが複数発売されており、こちらを利用するのが一般的だ。ここでは国内外のメジャーなサードパーティーのモジュールを比較する。

企業名/製品名

Estimote, Inc.
「Estimote Beacon」
株式会社アプリックス
「BM1」
shopkick, Inc.
「ShopBeacon」

商品画像

     

値段

3個/99$(1個/33$) ①1個/300円(ケース付き1個/500円~)②10個/10,000円(1個/1,000円) 1個/40$

動作時間

2年 1年 5年

コメント

・技適を取得していないため、利用には申請が必要・デザインが優れているため、カバーなどで覆わずともそのまま利用できる ・モジュールのみの販売なので、外装が必要。施策用のキットで買えばそのまま使える。10個セットから販売
・渋谷パルコに導入されている・技適取得済みであるため、申請が不要
・石けんほどの大きさ・米国の大手百貨店Macy’sで導入されている
・NielsenReportでショッピングアプリの中で平均利用時間最長アプリと認定
・技適未取得のため、利用には申請が必要

サイト

http://estimote.com/ http://www.aplix.co.jp/ https://www.shopkick.com/

 

 

海外の製品はBeaconを使用するのに必要な技適を取得していない場合が多い。技適(技術基準適合証明)とは「無線設備」が無線通信の混信・妨害とならないことを証明するものだ。上で取り上げた、Estimote BeaconとShopBeaconはこの技適を取得していない。使用する場合は技適を取得する必要があり、申請から利用可能になるまで国内では約200万円、海外では約500万円の費用がかかる。株式会社アプリックスの「BM1」は、モジュールのみであるため、追加で電池ケースや外装を用意しなければ利用できない。これらをセット販売しているものがあるが、10個セットで10,000円となっている。

既製品のケースならば1,000円程度で購入可能であるが、組み付け費用、シリアルコードの入力に費用がかかる。また、外装のデザインに凝りたい場合には、金型を作る必要があるため、最低数百万の費用がかかる。お客さんの目に触れない場合には、国内のものを、目に触れる場合は海外の製品の利用をお勧めする。

iBeaconの今後の課題と展望

2014年3月にiOS7.1がリリースされ、企業にとって魅力的な機能がiBeaconに追加された。iOS7では、事前にアプリを起動しておかなければ、iBeaconと連動したサービスを提供できなかった。しかし、iOS7.1からは、iPhoneのロック画面が表示されて時点で、Beaconが検出されるように変更された。つまり、iPhoneの持ち主がアプリさえインストールしていれば、店舗はBeaconを通じてサービスを提供できるようになったのだ。しかしながら、企業がiBeaconを導入する上で、偽物のBeaconによるなりすましが課題だ。Beacon端末が発している識別ID情報は暗号化されていないため、誰でも簡単に受信し、IDをコピーできてしまう。そのため、ある程度の知識がある人が、コピーした識別IDを利用して、来店せずにクーポンやポイントを取得する不正が起こりうる。企業はさまざまな対策がなされている。

楽天が提供するスマポ」はiBeaconを情報発信のみに限定し、来店ポイントの付与にセキュリティが高い超音波を利用する。他にも、高度な認証サーバを用意したり、GPS情報と連携させ来店していることを確認するといった方法がある。国内で、スマホシェア6割を超えるiPhoneにプッシュ通知ができるiBeacon。ただ、一番の課題はiBeaconと連携したアプリを準備した後、そのアプリのユーザーを獲得する必要があることだ。知名度が無い場合は、多数のユーザーが登録しているサービスとの連携や、資本力を元に広告を大量に打つことによる集客、サービスの差別化によってユーザーを集める必要がある。しかしながら、オムニチャネル市場の拡大や、顧客と小売店両者に与える利便性の高さから、iBeaconを利用したサービスの需要があることは確かだ。今後、iSOのアップデートなどでセキュリティが強化されることに期待したい。

 

引用元:STORE BEACON

前編記事:これだけ知っていれば大丈夫!O2O・オムニチャネルマーケティング担当者に必要なiBeacon知識まとめ(前編)

▼関連記事

いくつ知ってる!?Beaconサービス導入事例まとめ7選
あなたの生活を変えるかも!?国内最新のiBeacon導入事例4選

海外iBeacon導入事例から見るiBeacon導入のメリットと課題

iBeacon導入前にマーケティング担当者が確認すべき5つの課題

▷無料iBeacon資料ダウンロードはこちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら