海外iBeacon導入事例から見るiBeacon導入のメリットと課題

WRITER : Editorial department

  iBeacon

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2013年末にiBeaconが登場し、2014年はiBeaconの普及が話題になった一年であった。一方でオンラインでの商品の購買比率が高まっているなか、iBeaconの技術は店舗での購買体験を再定義することができるだろうか?
本編集部でも、iBeaconについては2015年のデジタルマーケティングのトレンドとして度々取り上げている。今回の記事では海外の事例紹介とともに、iBeaconの導入により可能になることやそのメリット、また導入への課題について、改めてまとめていきたい。

▼参照
http://www.theguardian.com/media-network/media-network-blog/2014/sep/04/beacon-technology-house-of-fraser-waitrose

最新海外導入事例 〜iBeaconを搭載したマネキン〜

1391459184uhjw9

iBeacon端末を搭載したマネキンを設置し、専用のアプリをダウンロードしたユーザーがマネキンに接近した際に、ユーザーに対して情報が配信される仕組み。特徴は、マネキンが着ている服の価格やその服が置いている場所、店舗のECサイトへのリンクなどが送信されることである。
このような事例は国内外問わず増えてきいる。国内のiBeacon導入事例に関しては、以下の記事でまとまっているので参考にしていただきたい。

▼関連記事
2015年の飛躍を占う国内iBeacon導入事例14選

iBeaconの導入でできること

Apple-iPhones-008

引用:Apple iBeacons: what are they and what do they mean for retail?

上記の事例のように、iBeaconを導入することでできることは様々である。以下にその例をまとめてみる。

①顧客が早く簡単に、情報にアクセスすることができる

マネキンの例にもあるように、顧客が情報を探すのではなく、店舗側から情報が配信されてくるため、顧客は商品の探索が非常に楽になる。
これが顧客個人の過去の購買履歴と結びつけば、1人1人にカスタマイズした情報の配信が可能になり、顧客にとって更に有益な情報を提供できるはずだ。

②来店していない人にも情報を配信することができる

先ほどの例のように、マネキンにiBeaconを搭載し、ウィンドウに陳列することで、店舗の外を歩く人にも情報を配信し、来店を促すことができる。
iBeaconをうまく活用することで、認知→接触→購買という購買ファネルのそれぞれの要素に対し、アプローチできるようになる。

③小売店側が優良顧客を認識できる

Beaconによって顧客の来店回数、滞在場所、クーポン配信数あたりの買い上げ率などのデータを蓄積することができる。またオンラインでの購買データと紐づけることで、オンラインのロイヤルカスタマーが入店した時に、店舗にアラートを出すことも可能になる。

④店舗スタッフの動きを効率化できる

どのくらいの回数、どのくらいの距離で顧客とコミュニケーションすることが、買い上げ率の向上につながるかを、モニターすることが可能になる。このデータに基づいてスタッフが行動することで、店舗スタッフの動きを効率化させることができるようになる。

⑤店舗レイアウトの改善ができる

顧客の購買データ、特に滞在場所ごとの顧客の買い上げ率といったデータの取得により、店舗内の陳列や動線の変更など、レイアウトを改善して店舗を最適化することができるようになる。

iBeacon導入における課題

file000324750683

上述の通り、iBeaconの導入によりできることは様々であり、iBeaconは小売店にとって希望の星となり得るが、その導入には課題も存在する。この課題とは、端的に言うと「iBeaconを使用する顧客が少ない」ということである。iBeaconの利用者が少ないのは、2つの理由が考えられる。
1つは、iBeaconを通じたサービスを利用するには、アプリをダウンロードしなければならないためである。iBeaconの登場によって、Bluetoothによるアプリの呼び出しは可能になったが、そもそもそのアプリをダウンロードしている顧客がまだ少ないのである。
もう1つは、小売店ごとの連携がまだ取れていないため、小売店ごとに別のアプリを使用しなければならないケースが多いためである。せっかくどこかの店舗でBeaconのアプリをダウンロードしても、他のブランドの店舗でまた違うアプリが必要になるのでは、顧客の利便性は高まらない。

▼関連記事
iBeacon導入前にマーケティング担当者が確認すべき5つの課題

iBeaconが抱える課題を解決するためには

13771451821uej1

これらの課題を抱えるiBeaconであるが、必ず解決策はあるはずだ。担当者は課題を理解した上で、然るべき対策を取ることが、Beacon導入の成功の鍵となる。ここでは2つの解決策を提示したい。

①他では代用できない利益・体験の提供

Beaconのアプリダウンロードという障壁を乗り越えるためには、iBeaconの利用を通じてしか得られない価値を、顧客に与えることが重要である。それは割引率の高いクーポンという形でもいいだろう。iBeaconの利用を通じて店舗が得られるものは、何にも代えがたいデータであるはずだ。

②ペイパルやプラスチェッカーなどサードパーティアプリとの連携

どちらもショッピングに関連するサードパーティのアプリであるが、このようにショッピングの際によく使用されるアプリと各店舗のBeaconアプリが連動することで、アプリを複数個ダウンロードする手間を省くことが出来る。
例えば日本では、決済のアプリや家計簿のアプリとの連携などが考えられる。

iBeaconの未来

RFID技術(近距離)の無線通信によって情報をやりとりする技術)は昔から存在していたが、一般には普及してこなかった。しかしスマホの普及、モバイル端末の購買への影響力増加によって、RFIDであるiBeaconの普及が現実味を帯びてきている。
その普及のために必要なのは、iBeaconの価値を理解した顧客がもっと増えていくことである。今後小売のマーケティング担当者は、iBeaconで何をするかではなく、どのようにBeaconを使用する顧客を増やしていくかということを、業界全体で考えていく必要がある。

※海外iBeaconサービス事例に関しては、次のページより資料の申し込みをしていただくことで、より詳細な情報がご覧になれます。ご興味をお持ちの方は、ぜひお申込みください。
▼関連資料
海外最先端iBeaconサービス紹介資料ダウンロード

▼関連記事

いくつ知ってる!?Beaconサービス導入事例まとめ7選
あなたの生活を変えるかも!?国内最新のiBeacon導入事例4選

海外iBeacon導入事例から見るiBeacon導入のメリットと課題

これだけ知っていれば大丈夫!O2O・オムニチャネルマーケティング担当者に必要なiBeacon知識まとめ(前編)

これだけ知っていれば大丈夫!O2Oオムニチャネルマーケティング担当者に必要なiBeacon知識まとめ(後編)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら

  • メルマガお申込み