ファッションブランドのInstagramランキングTOP50から読み解く、ファン獲得の秘訣とは?

2014年から今年にかけて急速にユーザーを増やしている写真投稿SNS「Instagram」 公式サイトの発表によると2010年10月のサービス開始から、2015年10月までの5年間で、月間アクティブユーザー数は全世界で4億人、投稿された写真は400億枚を突破。また、1日に投稿される写真8,000万枚以上だという。また、今年6月には日本でも月間アクティブユーザー数が810万人を超えたという発表があった。 ファッション業界においても、O2O施策や、プロモーション、そして顧客体験を向上させるための重要なビジネスツールとして、数々のブランドが公式アカウントの運用を始めている。 今、インスタグラム上で人

ビッグデータの分析を行う上で確認しておきたい5つのポイント

引用:io9 最近ビッグデータという言葉がよく語られているのはご存知の通りであろう。Google Trendsによると、日本での「ビッグデータ」という検索数は、2012年ごろから拡大し始め、2013年の後半から14年の前半にかけてピークを迎えていた。 このビッグデータの定義は様々であるが、野村総合研究所 ICT/メディア産業コンサルティング部の鈴木良介氏は、「事業に役立つ知見を導出するためのデータ」としてビッグデータを解釈している。 このようにビッグデータは、事業や企業において、経営判断や意思決定の裏付けになることを目的として利用されている。例えばアパレルショップのZARAは、店舗にある商品が

びっくりするほど未来的な実用化済み小売テクノロジー3選

  引用:Barber   最近、小売業界でのテクノロジー活用が盛んになっている。本メディアでも過去にiBeaconを使った近接マーケティング等についてご紹介した。ECの台頭により新しい顧客体験を提供することに迫られた小売は新しいテクノロジーの活用を加速している。今回は、その中でも驚くほど先進的にも関わらず、すでに実用化されているテクノロジーに関してご紹介したい。   店舗内ナビアシスタント 引用:Fierce Retail 店舗内で商品を探しても見つからず、店員に聞こうと思ったが近くにいなくて困ってしまった。誰しもこんな経験が一度はあるだろう。そんな悩みを解消するのが店舗

2015年のクリスマスを盛り上げる!有名企業10社のプロモーション戦略とは?

今年もクリスマスの季節がやってきた。 企業はどのようなキャンペーンで、2015年最後のこの時期を盛り上げるのであろうか。 今回は、国内外の有名企業10社の魅力的なクリスマスキャンペーンを取り上げ、効果的なキャンペーンを企画するには何が重要なのか探っていく。

最新版!海外ファッションブランドが行うテクノロジー活用事例3選

前回、1分でわかる!ファッション業界における7つのテクノロジー活用事例まとめで国内事例を中心に、今ファッション業界で活用されているテクノロジーを7つご紹介した。 今回は、トミーヒルフィガー、ZARA、Everlaneといった3つの海外ブランドを例に、今後日本でも導入が期待される、ファッション業界におけるテクノロジー活用事例を紹介する。   【お知らせ】「ファッション×テクノロジー最新サービス紹介資料」を新たに公開いたしました。この記事の末尾にてご紹介しております。 ハイブランド実店舗に導入された接客の待ち時間を有効活用するためのVR「We Make VR」(トミーヒルフィガー) 引用

小売企業のビジネスモデルを破壊するショールーミングに対抗するには

引用:Pando   皆さんはショールーミングという言葉をご存知だろうか。ショールーミングとは、 消費者の購買形態の1つで、消費者が実店舗で商品を買わずに確認(比較・試用)だけ行い、後にネット通販で実店舗より安い価格で購入することである。 店舗の商品を買ってもらう事により利益を得ている小売企業にとって、ショールーミングは死活問題である。今回はショールーミングという現象の現状と小売企業が取れる対策について考えてみたい。 【お知らせ】「ファッション×テクノロジー最新サービス紹介資料」を新たに公開いたしました。この記事の末尾にてご紹介しております。 小売企業のビジネスモデルを破壊するショー

1分でわかる!ファッション業界における7つのテクノロジー活用事例まとめ

ファッション業界におけるテクノロジーの活用が世界中で広がってきている。 今回の記事では、2015年に注目を集めたIT・マーケティング関連用語を7つとファッション業界での活用事例を紹介する。 あなたはいくつ知っているだろうか? 【お知らせ】「ファッション×テクノロジー最新サービス紹介資料」を新たに公開いたしました。この記事の末尾にてご紹介しております。 O2O×ファッション スマホアプリでの情報配信とアパレルリアル店舗でのキャンペーンを連動させて、アプリ利用者にオンラインからオフラインへの購買活動を促す。 引用:ショッぷらっと  NTT docomoの提供するサービス「ショッぶらっと」はお店に立

アドテック東京2015速報レポ!新規出展企業に見るデジタルマーケティングの未来とは?

  2015年12月1日(火)、2日(水)、国内で7回目の開催となる「ad:tech tokyo 2015」が東京国際フォーラムで行われた。 本イベントはデジタルマーケティングに従事する人を対象としており、参加者は、広告主、広告代理店、媒体社など幅広い。 今回2日間を通して、101個のブース出展企業と183名の登壇者がデジタルマーケティングに関する最新情報を発信した。 O2Oイノベーションラボ編集部は、12月2日にad:tech tokyo 2015へ参加し、 新規出展企業ブースを実際に回って見つけた、今後注目すべき3つの企業の事業紹介と、そこで感じた今後のデジタルマーケティング市場

2015年版!ペイパルが世界29ヶ国の越境ECの最新データを発表

引用:Steven Guzzardi 11月17日にPaypalの依頼を受けて米国の調査会社Ipsosが調査を行い、第2回越境ECグローバル調査を発表した。 これは日本を含む世界29ヶ国の23,200人以上を対象に、”オンラインショッピング及び越境ECに関する消費者の行動と意識”についておこなった調査のレポートである。 テクノロジーの発展で多くの企業が、場所と時間を選ばず商取引する機運が高まった。 アクセンチュアとアリババグルーブのAliresearch共同調査によると、全世界のB2C向けのEC取引量のうち、越境ECに占める割合は2014年時点で14.6%あり、さらに今後2020年までに、30

今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

引用:Urban Outfitters 11月16日、アメリカのセレクトショップであるUrban Outfittersの親会社Urban Inc.が、ピザチェーンであるVetri及び複数のレストランを買収し、飲食業界に参入することを発表した。 なぜ今、アパレル業界は飲食業界に参入するのだろうか?そしてそれは今後どのような展開を見せるのだろうか?   ファッション業界で進む飲食事業展開の動き ピザチェーンを買収したUrban Outfittersはアメリカペンシルバニア州のフィラデルフィアに本社を置く、セレクトショップで、アメリカとヨーロッパにおいて238店舗(2015年1月時点)を展

Amazonのリアル店舗に見る新オムニチャネル時代

    Amazonは現在、世界が最も注目する企業の一つであることは言うまでもない。同社はインターネット経由で本を販売するEC書店からスタートし、今では食料品から家電製品まで幅広く取り揃えた世界最大のEC企業となっている。 売上は11兆円近くに上り、サイトの年間訪問者数は2億8000万人以上に登る。そんなAmazonが最近、リアル店舗を出店した。EC界の覇者であるAmazonは何故、いまさらリアル店舗を立ち上げようとしているのだろうか?今回は、Amazonのリアル店舗出店から垣間見えるオムニチャネルの新時代について話してみたい。   Amazonがシアトルにリアル

世界最強の小売企業、Walmartが中国で苦戦している理由

引用:Altavia   中国は人口14億人の世界最大級の経済規模を持つ国である。その経済発展の速度はめざましく、2010~2014年の間、GDPは7〜10%という速度で成長している。それに伴い、日本を含む多くの海外企業が中国市場に参入している。 しかし、市場の大きさにも関わらず、進出した多くの企業が苦戦を強いられている。世界最強の小売企業と呼ばれるWalmartも例外ではない。今回は、Walmartの中国進出から見る中国市場の特性と進出時に検討するべきことについて語りたい。   中国でも破竹の勢いで拡大するWalmart、しかし… 引用:The American Pros

【インタビュー】人工知能が人間のセンスを学習?SENSY渡辺社長が語るテクノロジーの未来とは?

ファッションとテクノロジーの融合を推し進めているカラフル・ボード株式会社。彼らが目指す製品やビジネスの在り方とはいったいどのようなものなのか。カラフル・ボード株式会社の代表取締役CEO、渡辺祐樹氏からインタビューを通して教えていただいた会社設立の背景や現在のサービスの反響などのリアルな情報を通して、彼らの魅力に迫っていく。

アメリカの若き起業家9人に聞く”ビジネス拡大のためのアドバイス”

※本稿はReadWrite Japanよりご提供頂いたものです。 ゲスト執筆者のスコット・ガーバーはYoung Entrepreneur Council(YEC)の設立者である。 どのようなものであれビジネスを大きくするには時間とお金、そして大抵の場合思ったよりも多くの労力を必要とする。サービスビジネスはとりわけややこしく、これまでに会社が大きくなるにつれ、拡大のための様々な取り組みがなされては失敗する例を見てきた。 では彼らと同じ道を自分が辿らないためにはどうすればいいだろう?そこでYECの起業家9人らに、サービスのビジネスを拡大するためのアドバイスを求めた。   1. まずアウトソーシング

飛ぶより先に走る!道路を走る配達ドローン

引用:Techcrunch   この記事を呼んでいる皆さんの殆どはドローンが何かをご存知かと思う。ドローンと言えば、複数のプロペラがついたヘリのようなものを思い浮かべるが、実は最近、道路を走る陸型ドローンに注目が集まっている。一見、航空ドローンの方が移動も速いため便利のように感じるが、何故なのだろうか?今回は陸型ドローンが注目を浴びる理由と今後の活用方法について論じてみたい。   そもそも何故、飛行型ドローンの活用が進んでいないのか? 引用:Slate   ドローンとは、無人で遠隔操作や自律移動が可能な航空機の総称である。もともとは軍事用に開発されたものだが、価格

AppleのVR(仮想現実)初の取り組みとは?今後の彼らの動向に迫る

VR(仮想現実)は現在消費者の間でも関心を高めている。そんな中、Appleは先日、VRによる初の取り組みを行った。彼らの取り組みとは一体どのようなものだったのか?さらに、彼らの今後の動向も紹介していく。

Facebookが世界をつなぐために進める5つの施策

  13億人近くの人口を抱えるインド。Tech2.comによるとインド国内におけるFacebookユーザー数は、2014年12月から2015年6月までの半年間で、1300万人増加し1億2500万人を超えた。 FacebookのCEOザッカーバーグ氏は、10月28日にインドを訪問し、ニューデリーのインド工科学科で学生らと対談した。その中で彼は「世界中のあらゆる人々をつなぐことを現実の目標に掲げるならば、インドに住むあらゆる人々をつながるようにしなくては、それを達成することはできない」と語っている。インターネットアクセスをインドや世界のそのほかの地域に拡大することを決意しているという。

全米2位のディスカウントストア、TargetがIoTの家を建てた理由とは

引用:ThatsmartU   日本では馴染みが薄いが、アメリカに行ったことがある方ならばTargetという名前を一度は聞いたことがあるはずだ。Taretは売上約8兆5000億円、全米に1500以上の店舗を持つアメリカを代表するディスカウント百貨店チェーンである。 そんなが2015年7月、IoT関連サービスを展示するディスプレイストア、「OPEN HOUSE」を開店した。さて、なぜGoogleといったIT企業ではないTargetがこの様な動きにでたのだろうか?今回は、「OPEN HOUSE」の事例を元にTargetが見据えるIoT戦略についてご紹介したい。   IoTテクノ

あなたのマーケティングは間違っている!?ブライアン・ソリスに学ぶ顧客獲得戦略とは

※本稿はReadWrite Japanよりご提供頂いたものです。 引用:Brian Solis   ブライアン・ソリスはデジタルアナリストであり文化人類学者、未来主義者であり、X、What’s the Future of Business (WTF)、Engage! and The End of Business As Usualといった著作がある。 Altimeter Groupの主席アナリスト、ブライアン・ソリスが語る 顧客獲得の方法とは? 多くの企業はマーケティングが顧客の獲得において重要だと考えている。しかし同時に多くの顧客はマーケティングがそのブランドに愛着をもち、固い客に

シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

引用:Flickr   Facebookを見ているときに「知り合いかも」という表示を目にしたことはないだろうか。表示された名前は、見事にあなたがまだフォローしていなかった友達、もしくは顔見知りである。この機能は「GDB(グラフデータベース)」によって実現している。現在、OracleやMicrosoftもグラフデータベースの市場に進出しようとしていることもあり、大変注目されている。今回の記事では、なぜ大企業がグラフデータベースに注目しているのか、GDBの概要や事例を通して今後の展望について考察していきたい。 ▼参照 Oracle Microsoft 引用:Neo4j   グラ

欧州で熱を帯びる人気リテールテクノロジー3選

   引用:Retail Prophet  ECサイトに対抗していくために、実店舗も様々な工夫をして顧客が店舗に来たいと思える魅力を高めていく時代になった。他のITテクノロジー同様に、実店舗で使えるようなリテールテクノロジーも日々新しいものが生まれている。今回は当編集部が選んだ、店舗をより魅力的にする欧米発の最先端リテールテクノロジーを3つ紹介する。   CloudtagsはNFCを活用した顧客へのプロモーションを行う Cloudtagsは2013年に設立されたアメリカ、ニューヨーク州のスタートアップだ。iPhone6から標準装備になったNFCを使い、顧客が店舗内でデジタル

どうなる3Dプリント業界? “幻滅期”を抜け出すカギはどこにあるのか

引用:TheTelegraph   2013年より3Dプリントはメディアなどで頻繁に取り上げられ、一気に知名度を上げた。 Gartnerのリポートによると、昨今の3Dプリントブームの盛り上げ役だった「民生用3Dプリント」と「医療機器の3Dプリント」は”過度な期待”のピーク期を迎え、さらに「民生用3Dプリント」や「製造業の3Dプリント」、そして「歯科器具の3Dプリント」はそのフェーズを過ぎ”幻滅期”に突入しているという。   引用:MONOist   今回は医療・小売・教育の3分野における3Dプリントの最新事例を紹介し、そのサービスの課題を考察する。また各分野に共通する”幻滅期”を乗り越えるため

未来の店舗では機械が人の心を読み取る?

引用:WIRED 近年、スマートフォンなどのデバイスの浸透により、以前よりも小売業・サービス業の場で顧客のフィードバックを得ることが以前より容易になっている。一番具体的な例で言えば、アプリ起動時に満足度についてアンケートが送られ、答えるとクーポンがもらえるといったものがある。しかし、これはまだ序の口である。その他にも多様なテクノロジーの登場により、消費者心理に関するデータを従来よりも圧倒的に容易に取得することができるようになってきている。今回は、未来の店舗における消費者心理のデータ収集方法について紹介したい。   消費者心理の把握が重要な理由 引用:Howcow まず最も基本的な疑問

お金の使い方・あり方を変えるFin Techとは?

引用: Holland Tech 皆様は、FinTechという言葉をご存知だろうか。FinTechとは、FinanceとTechnologyから成る造語で、金融関連のスタートアップを指す用語として近年注目を集めている。海外では、日本の数年先を行くと言われるほど市場規模が発達している。その証左として近年、5000万から1億ドル規模の大型資金調達が増えており、2014年には年間で120億ドルもの投資が行われた。今回は世界から注目を集める、海外のFinTech事例や業界のトレンドを決済・会計・銀行の領域ごとに紹介したい。   ▼参照記事 日本の数年先を行く、米FinTech業界の次のトレン

クリスマス目前!今のうちに知っておきたいプロジェクションマッピングとは?

プロジェクションマッピングは、壁などの立体物に投影することで、迫力のある演出をするパフォーマンスアートである。クリスマスイルミネーションなどの際に活用され、多くの人々に注目されるようになった。 今回は、6つのプロジェクションマッピングの事例を通して今後どのようにその技術は発展していくのか考える。 引用:Flickr プロジェクションマッピングをご存じだろうか。2012年に東京駅、丸の内駅舎で行われたTOKYO STATION VISIONをきっかけに、多くの人がプロジェクションマッピングに注目するようになった。赤レンガでつくられた東京駅の壁面に、通常では見ることのできない迫力のある映像を投影し

あなたは自分のデータの値段を知っていますか?

引用:Joel Stein   物質的な価値が中心だった時代から情報化社会に移り変わり、現代では情報が重要な価値を持つようになった。中でも消費者に関するデータは最も貴重な情報の一つである。 現在の社会では多様な嗜好性・ライフスタイルが存在し、そのような環境下で企業が顧客のニーズを掴むには顧客がどんな人であるかを知る必要がある。結果として、個人に関するデータは経済的な価値を持つようになってきているのだ。 今回は、現代における個人データの価値と今後について語りたい。   コムキャスト訴訟事件から見る個人データの値段 引用:MarketsMorning   2015年9

インテルが選んだ未来の店舗を作る次世代テクノロジー企業とは

2015年9月17日、小売関係者及び、小売向けにサービスを提供するテクノロジー企業が集まり、小売の未来について語り合う「インテル リテール・イノベーション2015」が開催された。インテルと言えば、世界有数のテクノロジー企業であるが、それが何故レガシー(古くから変化がない旧態依然とした)市場と言われる小売業界に関心を寄せているのか?それは今、小売業界が次の大きなイノベーションの舞台となっているからだ。   今回は、「インテル リテール・イノベーション2015」に参加した次世代テクノロジー企業を紹介すると共に、一歩先の小売業界の未来について考えてみたい。   IT界の巨人が小売

2つのキーワードから読み解く小売業界の変化

引用:aled   小売業界の大きな転換期を理解する上で二つのキーワードが鍵となる。「デジタリゼーション」と「グローバリゼーション」である。 昨今バズワードとなっている「オムニチャネル」という言葉を推進しているのは「デジタリゼーション」である。デジタリゼーションとは、ビジネスなど、さまざまな事象のデジタル化を指し、これらは消費者の購買行動に変化をもたらし、業態を超えた競争を激化させている。 また、このデジタリゼーションと同じくらいインパクトをもたらしているのが、「グローバリゼーション」である。世界中の多くの小売企業は自国市場での成長が飽和状態になり、新興国への進出が求められてきている

ウェアラブルとファッションの融合によって生まれる魅力とは?インテルの新しい挑戦に迫る

最近ファッションとテクノロジーの融合が進んでいる。日本ではテクノロジーを活用し、ファッションの未来を考えるNY発のイベントであるDecoded Fashion Tokyo 2015を開催されるなど、近年テクノロジーとファッションに注目が集まりつつある。 ファッションはデジタルテクノロジーによって楽しく、そして自由に変化し始めている。このことが読者のみなさんにも伝わるように、今回の記事ではテクノロジー分野の中でも特にウェアラブルテクノロジーに注目して、ファッションとテクノロジーの融合について紹介していきたい。 ▼参照 Decoded Fashion ウェアラブルデバイスのファッション性が注目され

シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

シリコンバレーは現在、地球上で最もクリエイティブな発明が行われている場所であると行っても過言ではない。1970年頃に集積回路チップの生産工場が設立されたことをきっかけに、現在ではIT企業の集積地となっている。 同時に、シリコンバレーは世界で最も優秀なエンジニアが集う場所でもあり、独自のカルチャーを形成している。その一つに徹底したハードワークがある。彼らは昼夜土日を問わず、没頭して働くのだ。類まれなる才能を持つ彼らは、なぜそこまで一生懸命に働くのだろうか?今回はその謎に迫ってみたい。 天才を突き動かすのは金銭と成功以外のモチベーション 引用:Oliver Emberton シリコンバレーではしば

  • メルマガお申込み