もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら

引用:Trinity Web もし、桃太郎が現代の日本で生まれたら・・・ むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。 ある日、おじいさんは長老会恒例のゲートボール大会に、おばあさんは家で洗濯物を干していました。 おばあさんがベランダで洗濯物を干していると、ピーンポーンとインターホンの音がしました。 「おや、誰かきたのかしら?」 おばあさんがドアを開けると、そこにはAmazonの箱をもった配達員がいました。 もらった箱を開けてみると、そこには見覚えのない大きな桃が入っていました。 「はて、こんなもの頼んだかしら?」 おばあさんは大きな桃をひろいあげて、おじいさんの帰りを

フリークアウト第1号社員が挑む、不動産世界のシェアリングプラットフォーム【前編】

近年、シェアリングエコノミーという新たなビジネス形態が注目を集めている。シェアリングエコノミーとは、世の中に余っているモノや人、スペースなどを、必要としている人に貸し出すビジネスを指す。 シェアリングエコノミーの形態は、Airbnbに代表される空き部屋貸しや、日常の雑務代行など多岐に渡り、その市場規模は今後11兆円規模まで成長すると見込まれている。 「SHOPCOUNTER」もまた、シェアリングエコノミーの一形態である。「SHOPCOUNTER」とは、今年5月に正式リリースした、空きスペースのオーナーと、短期でスペースを利用したい人のマッチングサービスだ。同サービスでは、ポップアップショップや

【2015年保存版!】この夏、フェスを楽しむための必須アプリ5選

今年も暑い夏がやってきた。夏と言えばやはり見逃せないのは夏フェスである。 フェスと言えば最近はファッション誌などでも取り上げられることが多い。機能性に優れたアウトドアスタイルを取り入れつつもロックテイストを残したフェスファッションが話題となるなど、若者の間では一つの大きなトレンドになっている。 今年だけで音楽フェスは全国200ヶ所以上で開催が予定されているが、今回はその中でも、夏フェスを余すことなく満喫するために役立つアプリをご紹介したい。 アーティストのセットリストを予習できる「フェスの予習」 引用:フェスの予習 「フェスの予習」はその名の通り、出演アーティストの曲ラインナップをYoutub

あなたの生活を豊かにしてくれる!?シアトル発IoTスタートアップ3選

※Arch for Startupより寄稿 ここ近年のIoT(Internet of Things)の発展は凄まじいものだ。 アメリカ調査会社Gartner社によると、2020年までに260億個のデバイスがインターネットに接続されるようになり、経済に対しては1.9兆ドル(約230兆円)のインパクトを引き起こすと言われている。 引用:Video in the Internet of Things 今後、世界にIoTの波が押し寄せるのは確実であり、それは私達Arch for Startupが拠点を置くシアトルも例外ではないだろう。 今回は私達が拠点を置くシアトルから生まれた私達の生活をより良くして

人工知能が見た悪夢?ネットで話題の「DeepDream(ディープドリーム)」とは何か

引用:GoogleResearchBlog 最近Googleが発表した画像がネット上で話題となっている。上の写真はDeepDream(ディープドリーム)と呼ばれるプログラムによって出力された画像であり、その見た目の奇妙さから注目を浴び、インターネット上で広く拡散されている。 今回は、ニューラルネットワークの仕組みを解説しながら、話題のDeepDreamの画像が生成される仕組みを解説する。 ▼参照 GoogleResearchBlog How Does #DeepDream Work?|ABEJA Engineer Blog Googleが奇妙な画像を生成するニューラルネットワーク「DeepDr

アメリカで人気急上昇中!注目のスタートアップアプリ3選

※Arch for Startupより寄稿 私たちArch For Startupが拠点を構えるシアトルでは、多くの起業家たちが、一躍世界トップの経営者になることを目指し、自身のアイディアをビジネスにしている。様々なビジネスが起ち上がる中でも、やはり最近はアプリを作成し、ビジネスとしようとする起業家たちが多い。 現在、多くのアプリが存在するが、FacebookやTwitterなど、数億人のユーザーがいるようなアプリは一握りである。その一握りの多くはアメリカから誕生した。今日誕生したアプリが、数年後にアメリカ全土に、そして全世界に広まるかもしれない。 今回は、多くのアプリが誕生している中で、アメ

魔法のツール?期待はずれ?いま話題のiBeacon(アイビーコン)を徹底解明!

小売関係者の間ではiBeacon(アイビーコン)という言葉が「クラウド」や「ビッグデータ」のようにバズワードになりつつある。しかし、実際にiBeaconがどのようなもので、何が出来るものなのか、よく知らないという人が意外と多いのではないだろうか。 今回は、そんな人のためにそもそもiBeaconとは何なのか、何ができるのか、導入時に何が課題になるのかについて詳しくご説明したい。 話題のiBeaconとはそもそも何なのか? 引用:Momentology 「iBeacon(アイビーコン)」とは、2013年9月からAppleのiOS7に搭載されるようになった、Bluetoothを利用した無線技術である

これからビックデータ活用のカギは、「リアルタイム」にあり!

引用:Forbes ビックデータ活用のカギ:データ収集から分析、施策立案までを「リアルタイム」に行うこと 活用事例が次々と増えつつあるビックデータ。これまで取得することができなかった非構造化データと、伝統的な構造化データを統合することで、特定の期間におけるビジネスの全体像を、企業側はより鮮明に理解できるようになった。また意思決定層は、より状況ごとに合わせた判断を下すことができる。 しかし、企業はそれ以上のことを求めている。データの収集・分析の過程を極力短くし、可能な限りリアルタイムに近づけたいと考えているのだ。なぜなら、そうすることで短期間で施策のPDCAサイクルを回し、ビジネスの向上につなげ

成長率10%?急成長するオムニチャネル市場!各社の戦略に迫る

引用:info.mkmdistribution.com 近年リアル店舗をもつ小売事業者が、ネットとリアルを融合させる、オムニチャネル戦略への取り組みを活発化させている。 EC市場の拡大を見せる米国や中国の動向や、国内の IT インフラ、デジタル端末の普及予測などをふまえると、今後も年率10%以上の高成長が続き、2017年度には市場規模が15兆円を超えると予測される。 その中でも、今回の記事では国内のオムニチャネル戦略の動向を紹介したい。 ▼参照記事 Mizuho Short Industry Focus ▼関連記事 今さら聞けない「オムニチャネル」とは?サルでもわかる簡単解説! 「ワトソン」の

【インタビュー】カルチャー発信基地パルコが描く、これからの時代の消費文化とは?

アメリカで始まった「Kickstarter」や「Indiegogo」を中心に、いまクラウドファンディングサービスが盛り上がりを見せている。日本でも「Readyfor」や「Campfire」など、数多くのサービスが展開されている。 Massolution社のレポート「2015CF Crowdfunding Industry Report」 によると、クラウドファンディングによる2014年の総調達額は、約2兆円(1$=120円)に達している。 そのような中、2014年12月に株式会社パルコ(以下、パルコ)は、ショッピングセンター事業者としては初となる、クラウドファンディングサービス「BOOSTER

ビックデータ活用事例から見る、マーケティングの未来とは?日本の3歩先をゆく海外リテールテクノロジー

引用:POINT 企業にとって顧客との関係は、最も大切にすべきものである。 顧客のニーズを追い続けることで、最適なサービス改善を行い、顧客満足度や売上の向上に繋げることができるからだ。そのために欠かすことができない取り組みが、CRM(顧客管理)だ。 海外の小売業界では、CRMをより強化するために、ビックデータを活用する流れが進んでいる。 本稿では全米小売業界(NRF)に参加する企業の中から、CRMに特化したリテールテクノロジーを提供する企業を紹介する。 デバイスに関わらず顧客の声を集め、データベース化 企業名:Answers Corporation 引用:Answers.com Answers

アジア初開催!Decoded Fashion Tokyoピッチファイナリスト企業を一挙公開!

Decoded Fashionとは「ファッションとテクノロジーの融合」をテーマとしたイベントで、ニューヨーク、ロンドン、ミラノなど世界中で開催されている。 そして今回、アジア初となるDecoded Fashion Tokyo Summit 2015が開催された。Decoded Fashionについてもっと詳しく知りたい方は下記を参照してほしい。 今回はそんなDecoded Fashionで開催されたファッション×テノロジーピッチイベント「THE ISETAN CHALLENGE」のファイナリスト企業についてご紹介したい。 ▼関連記事 ファッション×テクノロジーの最先端を行く専門家が語る未来の姿

ガジェット好き必見!Apple WatchとRaspberry Piを使った自作IoTセンサーをつくってみた

Apple Watchの発売から2ヶ月近くが経過した。皆さんの周りでもApple Watchを手にした人がいるのではないだろうか。 Apple Watchには電車の乗り換えアプリや料理のレシピが見れるアプリなど便利なアプリが豊富に存在する。しかし、Apple Watchの可能性はそれだけではない。使い方次第ではIoTのシステムを簡単に構築することも可能なのだ。 今回は株式会社Technical Rockstarsの川野氏が考案したApple WatchとSlack、Raspberry Piを利用した入室センサーのIoT事例に関してご紹介したい。 Technical Rockstarsのブログは

アメリカ高級ジュエリー企業に学ぶ、マイケル・ポーターの差別化戦略

※Arch for Startupより寄稿 ブルー・ナイル社は、シアトルを拠点として、ダイヤモンドをオンラインで販売するE-commerceカンパニーである。同社は1999年に創業しており、ダイヤモンド小売業界において最大規模を誇る企業である。 同業界においては、ティファニーなど従来から店舗を構える小売企業、同業のオンライン小売企業、サプライヤーによる消費者へのダイレクト販売など、熾烈な競争が繰り広げられており、他社に先んじた有効なマーケティング戦略を活用しないと生き残れない状況である。 そのような環境下において、同業界のリーダーであり続ける同社のマーケティング戦略を今回は取り上げる。  1.

世界で最もイノベーションを生み出してきた研究機関「DARPA」とは

世界を動かす世界最高の研究機関「DARPA」とは? 引用:Foreign Policy Association 世界を一新してしまう様な最先端技術を開発する研究機関、いかにもスパイ映画に出てきそうな設定だが、世界を動かすような研究を進めている研究機関は実在する。 「DARPA」もその一つだ。「DARPA」とは、アメリカ防総省が管轄する国防高等研究計画局のことである。 毎年、700億ドルある国防総省の研究開発予算のうち、各軍(陸海空)に所属しない分野横断的科学技術予算のなんと約4分の1である28億ドルが「DARPA」に投入されている。 「DARPA」の研究テーマは多岐に渡り、必ずしも軍事目的を主

IoT時代を制するのは誰だ? IoTプラットフォームを開発する巨大グローバル企業にせまる

近年IoT市場の成長が著しい。シスコの試算によると、2020年までに500億個のデバイスがインターネットに接続されるようになるという。また、IDC Japan株式会社の発表によれば、世界のIoT市場は2020年までに3兆400億ドル(約360兆円)まで拡大するという。 IoTの世界では、家電が相互に繋がるスマートホームや、車がインターネットに接続されるコネクティド・カーなどが注目を集めている。また、家電や車だけでなく、生体内データを取得するウェアラブルデバイスや、室内外に設置されたセンサー機器など、ありとあらゆるものがインターネットに接続される。 そんな中、GoogleやMicrosoft、I

目が離せない!Apple Musicのユーザー獲得戦略と定額音楽サービスの課題とは?

引用:razorianfly.com 今日人々の音楽の楽しみ方は、CDやiTunesでの楽曲の購入から、ストリーミングサービスの利用へと変化しつつある。 すでに、アメリカやヨーロッパでは、ストリーミングサービスが人気を集めている。そして、アメリカ音楽大手ワーナー社は2015年第二四半期の決算報告で、ストリーミングサービスの売り上げが6億7700万ドルとなり、ダウンロードによる売り上げを超えたと発表している。 このように、非常に勢いを感じさせるストリーミングサービスであるが、Appleが本格的に参入することになった。今回はAppleの定額制音楽ストリミーングサービスの戦略について紹介したい。 ▼

必見!アメリカ最大の百貨店が打ち出す次世代のオムニチャネル戦略

※Arch for Startupより寄稿 引用:Macy’s to Pay $650,000 in Shopper-Profiling Probe Macy’s, Inc. (以下Macy’s) は45州、840店舗をもつ米国最大の百貨店チェーンである。1858年創業以来、多大な影響力をもたらしてきたMacy’sは新たな戦略を打ち出している。 Macy’sは伝統的な手法から、オムニチャネルと呼ばれるマーケティング戦略に移行し、より多くの顧客を増やすことに成功している。これは顧客の購買方法の変化に合わせた結果だと言えるだろう。Macy’sはオムニチャネルをいち早く導入し、それが有益

【もふもふ注意】 かわいすぎる!ペット向けウェアラブルデバイス海外事例

引用:Here Woman Talk IoA(Internet of Animal):動物までもインターネットとつながる時代が到来 日本でもよく耳にするようになったウェラブルデバイス。株式会社MM総研の調査によれば、2015年2月時点でウェアラブルデバイスの知名度は48.9%と、前年度から21.0ポイント上昇する結果となった。 このウェアラブルデバイス、人間だけに限らず、動物にも活用する動きがあることをご存知だろうか。 日本国内でも、「Anicall」をはじめ、動物向けのウェアラブルデバイスも発表されている。 本稿では、動物向けに作られたウェアラブルデバイスの海外事例を紹介する。 動物の気持ち

徹底比較!定額制音楽配信サービスの勝者はどこに?

引用:salon.com これまで人々の音楽の楽しみ方は、時代によって変化してきた。レコードからCD・MDへと変化し、ウォークマンが主流となった。その後iPodが登場し、それまでの音楽の楽しみ方は一変し、人々はCDを購入するのではなく、データをネット上で購入したり、YouTubeの視聴を楽しむようになった。同時に違法ダウンロード問題が騒がれるようになり、現在に至っては音楽の楽しみ方のさらなる変化が見られる。 今日では、毎月一定の料金を払うことで、音楽を自由に楽しむことができるサービスが相次いで始まっている。定額制音楽配信サービスは、新たな音楽の楽しみ方として浸透している一方で、熾烈な業界争いが

あなたもVR(仮想現実)の主人公に?一般販売がせまるオキュラスリフトの魅力とは

インターネットの発達により情報は瞬く間に国境を超えて世界中に拡散されるようになった。しかし、情報が場所の制約から解き放たれた中でも、私たち人間は依然として物理的な場所の制約の中に生きている。 技術が進歩すれば私たちは場所の制約から開放される日がくるのだろうか?それに対する明確な答えが一つある。VR(仮想現実)だ。 今回はVR技術の今までと未来に関して皆様にご紹介したい。 Oculus Rift、ついに今年後半に一般向け販売開始 引用:Forbes Oculus Riftとは、VRに特化したヘッドマウントディスプレイ。ユーザの視界を完全に遮り、頭の動きをセンサにより向いている方向を感知して映像が

今さら聞けない「オムニチャネル」とは?サルでもわかる簡単解説!

2014年はオムニチャネルが注目を集めた。オムニチャネルとは、あらゆる販売チャネルを統合するという意味を持ち、2009年にアメリカの大手百貨店Macy’sが、米国各地の各店舗と、オンラインストアの商品在庫を統一し、一定の成果を挙げた事で注目を集めた。 日本ではセブン&アイホールディングスや東急ハンズなど大手小売業者がオムニチャネル戦略に取り組んでおり、専門の部署も設置している。2015年も国内でオムニチャネルを推進する企業は増加する事が予想される。 今回は、サルでもわかるオムニチャネルと題して、オムニチャネルの概要を簡単に紹介したいと思う。 オンラインとオフラインの垣根をなくす新しいシ

「シェアリングエコノミー」Amazonの商品を一般人が配送する時代に?

近年、シェアリングエコノミーという新たなビジネスの形態が注目を集めている。シェアリングエコノミーとは、世の中に余っているモノや人、スペースなどを、必要としている人に貸し出す形のビジネスのことを指す。 シェアリングエコノミーの形態は、空き部屋貸しや、日常の雑務代行など多岐に渡り、その市場規模は今後11兆円規模まで成長すると見込まれている。 ▼参照 MIT Sloan grad on the “sharing economy,” the next big trend in social commerce 市場の筆頭はタクシー配車サービスのUberと、空き家マッチングサービスのAirbnb 引用:T

速報!今話題のIVS SEEDS 2015 Summer 講演内容まとめ

引用:InfinityVenturesSummit 6/26, 6/27の二日間、慶應義塾大学の日吉キャンパスで、Infinity Ventures Summit SEEDS 2015 Summer(以下IVS SEEDS)が開催された。 IVS SEEDSは学生や若手社会人を対象とした、未来の起業家育成プログラムである。このプログラムは、学生や若手社会人に対して、トップレベルの企業家の生の声を届けることで、彼らの人生観を大きく変えることを意図している。 そして今年は更なる進化を目指して、「IVS Workshop」から「IVS SEEDS」と名称を変更し、若い世代の育成という意味合いを強めた

アメリカ最先端テクノロジーに見る、2020年までに起こる小売業界5つの変化

※Arch for Startupより寄稿 現在、小売業界はオンライン販売の普及や、様々な技術の発展により大きな変化のまっただ中にいる。 マーケティングの調査会社eMarketerのレポートによると、2014年度における全世界でのeコマースの売上は1.3兆ドル以上であり、2013年の売上から22%もの上昇でオンライン販売の急速な普及が伺える。 また、アメリカではここ数年で4000以上のリーテル関係のスタートアップが生まれておりテクノロジーの発展はとどまることを知らない。 引用:Which Countries Prefer to Shop Online and How Retailers Are

最強の人工知能「ワトソン」は、人間を超えることができるのか?

人工知能は新しい時代を迎えている。ディープラーニング技術の発達により、非構造データの認識精度は飛躍的に向上し、既に我々の生活にも影響を及ぼし初めている。 例えば、Google翻訳やiPhoneの音声ナビゲーション機能「Siri」の精度が少し前から良くなっていることに気付いた人も多いのではないだろうか。 直近では、ファッション人工知能アプリの「SENSY」が、IBMが開発した人工知能「ワトソン」のパートナーになることが発表されるなど、ますますビジネスでの人工知能の活用が注目され始めている。 さらに、2045年には機械の性能が人間の能力を上回る技術的特異点-シンギュラリティ-が起こると言われており

今IoT企業がアツい!多額の資金調達を受けるIoT市場の展望に迫る

引用:svicenter.com 近年IoTへの注目度が高まってきていることは、すでにおわかりであるかと思う。海外では2014年11月までの過去1年に、ベンチャーキャピタルが97回のラウンドで3億ドルをIoTスタートアップに投資している。家庭や自動車、オフィスにイノベーションを起こそうとするIoTのスタートアップが、何百万ドル単位の資金調達に成功する例が相次いでいる。 今回はIoT関連の企業が多額の資金調達に成功している背景について説明すると同時に、今後の展望についても述べたい。 海外事例に見るIoT企業の急成長の背景には、IoTの注目度の高まりがある 引用:engadget.com アメリカ

スマホを充電をする時代の終焉!ネットで話題の「ワイヤレス充電」とは

引用:cosmogirl 近年、IoTブームといっても過言ではないほど、あらゆるものがインターネットに接続してきており、ガートナーの試算では2025年には約250億個のものがインターネットに接続されるという。 しかし、現状ではまだIoTの多くは何か欠点を抱えている。 例えば、スマホはIoTの中でも最も世の中に普及しているものの1つだが、それでも充電が切れた瞬間からゴミ同然と化してしまう。最近では、スマホと家電が連携して、外出中でもスマホで家の電気をつけたりできるが、それも充電が残っていることが前提である。 また、より多くのものがインターネットに接続される一方、それらのものを充電する時に必要なコ

iBeacon(アイビーコン)はもう終わり!?導入が進まない5つのワケとは

引用:Forbes 2013年末にiBeacon(アイビーコン)が登場し、2014年はiBeaconの普及が話題になった一年であった。 スマートフォンの普及により顧客行動が大きく変化する中で、店舗内で顧客とインタラクティブなコミュニケーションが可能であり、かつ顧客行動のデータ収集ができるiBeaconは、ECの台頭などの危機に迫られた小売り企業にとって救世主のような存在であった。 事実、iBeaconに対する期待は非常に大きく、当メディアでも過去に何度も取り上げていた。しかし、現実世界で登場する救世主の多くがそうであるように、iBeaconも期待外れに終わってしまうかもしれない。 今回は、iB

店舗内デジタルサイネージ普及への課題と今後の展望

引用:https://www.green-house.co.jp/signage/intro/about/ 最近ではスーパーマーケットなどの店舗でも目にする機会が増えてきているデジタルサイネージ。 店舗内におけるデジタルサイネージもインストアメディアとして活用されており、今後成長が期待されている。しかしながら、将来性や可能性への期待は高いものの、国内・海外の事例を見ても必ずしも成功してい るとはいえず模索の時期が続いている。 今回は、そのインストアにおけるデジタルサイネージ普及への課題と今後の展望をまとめてみた。 そもそも「デジタルサイネージ」とは?市場の動向 引用:http://news.m

  • メルマガお申込み