ZOZOTOWN人気ブランド20個のInstagramから学ぶ、ファン獲得のためのキーワード

WRITER : 平野紗希

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


instagram1

2014年から今年にかけて急速にユーザーを増やしている写真投稿SNS「Instagram」

公式サイトの発表によると2010年10月のサービス開始から、2015年10月までの5年間で、月間アクティブユーザー数は全世界で4億人、投稿された写真は400億枚を突破。また、1日に投稿される写真8,000万枚以上だという。また、今年6月には日本でも月間アクティブユーザー数が810万人を超えたという発表があった。

ファッション業界においても、O2O施策や、プロモーション、そして顧客体験向上のための重要なビジネスツールとして、数々のブランドが公式アカウントの運用を始めている。

前回の記事「ファッションブランドのInstagramランキングTOP50から読み解く、ファン獲得の秘訣とは?」の続編として、

今回は日本最大級のファッションECサイトZOZOTOWNで人気の高いブランドのインスタグラム活用状況を調べた。

ファッションECサイトで人気のブランドと、インスタグラムを用いたプロモーション活動にはどんな関係性や特徴があるのだろうか。

ZOZOTOWNの人気ブランド上位20個の公式Instagamアカウントについてまとめた

 

ABEJA_Graph2_Instagram

各ブランドアカウントの、記事投稿数、フォロワー数、1週間(2015年12月1日〜7日)、2週間(2015年12月1日〜14日)でのフォロワー数の伸び率を、ユーザーローカルの提供するInstagram人気ランキングを元に収集しグラフにまとめた。

※1 フォロワー数の伸び率(%)は以下の方法で算出
(12月7日のフォロワー数-12月1日のフォロワー数)/12月1日のフォロワー数×100
(12月14日のフォロワー数-12月1日のフォロワー数)/12月1日のフォロワー数×100
※2 店舗ごとにブランド公式アカウントを保持しているため、今回はその中で一番フォロワー数の多い店舗のアカウントを参考にした。

 

伸び率が顕著なブランドから見えたキーワード1「統一感」

1:niko and…

スクリーンショット 2015-12-18 16.10.19

引用:niko and…

niko and…は期間ごと一人のモデルを起用し、毎日日替わりで様々なコーディネートを配信し続けている。これはniko and…の公式ウェブサイトでも公開されている30 DAYS COORDINATEと連動したものである。

また、インスタグラム上では、あえて一切の商品情報を記載せず、コーディネートのポイントをハッシュタグ「#30days_coordinate」とともに簡潔に説明している。

2:EDIFICE

スクリーンショット 2015-12-18 16.38.22

引用:EDIFICE

メンズをターゲットとしデイリーカジュアルからドレスウェアまでを提供するEDIFICE。その公式アカウントではどの写真にも青みがかったフィルタを用いることで、EDIFICEのもつ”洗練された大人のセレクトショップ”というブランドイメージを効果的に伝えている。

3:SHIPS 銀座店

スクリーンショット 2015-12-18 16.49.57

引用:SHIPS 銀座店

SHIPS銀座店の公式アカウントでは、ビジネスシーンのスタイルやハイエンドなカジュアルスタイルを中心に、同一アングルから撮影されたスナップのみを掲載している。

伸び率が顕著なブランドから見えたキーワード2「ライフスタイルの提案」

1:BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS

スクリーンショット 2015-12-18 16.41.16

引用:BEAUTY&YOUTH

UNITED ARROWSの系列ブランドであるBEAUTY&YOUTH公式アカウントでは、商品の紹介のみならず、新規オープン店舗の外観やインテリア、またワークショップやイベントの情報など、「服を買いにショップに行く」という従来の目的以外でお店に立ち寄りたくなるようなコンテンツが並んでいる。

2:BAYCREW’S GROUP

スクリーンショット 2015-12-18 16.59.52

引用:BAYCREW’S

ZOZOTOWN人気ブランドランキングに含まれているJOURNAL STANDARDやEDIFICEをはじめとするセレクトブランドや、ブランドとコラボしたカフェを展開するベイクルーズグループ。

ベイクルーズ公式インスタグラムでは、服や靴、アクセサリーといったファッションに関するものに限らず、インテリアや食べ物など、ライフスタイル全般に関わるものを取り上げている。

データをとって感じた、ファッション業界におけるインスタグラム活用の可能性

前回記事と本記事の2回にわたり、インスタグラムのフォロワー数に関するデータを集め考察を重ねた。そこで感じたことは、ファッション業界のインスタグラム活用はビジネス拡大の上で大きな可能性を秘めているということである。

インスタグラムにおいてフォロワー数は絶対的な影響力を示す指標であるということを前回の記事で考察した。

フォロワー数を増やすための、プロモーション施策を打ったとしても劇的にフォロワー数を獲得するのは、決して容易いことではないが、2週間の調査を通してフォロワー数が減少したアカウントは70中わずか1つのみだった。ほとんどのブランドが徐々にフォロワー数を伸ばしているのである。

今回紹介した、フォロワー数の増加が顕著だったブランドアカウントの全てに共通して言えるのはどんな方向性であれ、長期スパンでその方向性を継続しているという点である。ブランド公式アカウントとしての軸を定め、継続的に情報を発信し続けることでファンの数は増やすことができるに違いない。

これからインスタグラムを自社ブランドのマーケティングツールとして活用しようとしているファッションブランドは、ぜひ今回のデータをもとに、多岐にわたる投稿内容や投稿方法を参考にしながら、フォロワーを獲得し、ファンとの継続的なコミュニケーションをとっていって欲しい。

▼連載企画第一弾

ファッションブランドのInstagramランキングTOP50から読み解く、ファン獲得の秘訣とは?

▼関連記事

今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

【インタビュー】人工知能が人間のセンスを学習?SENSY渡辺社長が語るテクノロジーの未来とは?

1分でわかる!ファッション業界における7つのテクノロジー活用事例まとめ

「ファッション×テクノロジー最新サービス紹介資料」を公開しました。

スライド041

昨今注目を集める、ファッション業界のテクノロジー活用について、海外の最新事例を取りまとめました。

記事内では取り上げることのできない様々な情報を取り上げております。

是非、小売業界のマーケターの皆様に事例研究やサービス導入をする際の参考資料としてご活用いただきたいと思います。

資料ダウンロードはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら

  • メルマガお申込み