2016年の今こそ考えたい2020年の小売の常識

WRITER : 朴 泳虎

  小売業界トレンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

 

年が明けて2016年となった。2015年は年末商戦で紙媒体を用いた広告からデジタルへの変化が鮮明になるなど、予想されていた大きな変化が目に見える形となって現れ始めた年であったと言える。

しかし、変化が起きてからそれに対応していたのでは常に変化をし続ける小売業界で生き残ることは難しい。そこで、今回はあえて2020年に常識となるであろう4つの取組みを見ることで、今小売関係者が取り組むべきことを考えてみたい。

 

1. ショールーミングは戦略の一部となる

1

引用:Champion

 

 

eMarketerによると、2014年度の世界EC売上は約160兆円に登り、前年から22%増加した。2020年の世界において、ショールーミングは小売企業の戦略の一部となる。Thomas Keenan氏の予想では、「小売店舗はミュージアムのようなもの」になるという。また、iBeaconが普及して顧客とのインタラクティブなコミュニケーションやモバイル上で決済して商品を自宅に送るといったことが可能になる。

 

2. 店舗内分析は当たり前のものとなる

2

 

実店舗と比較したECの強みの一つとして詳細な顧客行動データを取得できる点があった。これにより施策のPDCAを素早く回してサイトを改善することができたのだが、もうそれはECだけでの特権ではない。2020年の世界では小売店舗のほとんどがECと同じく顧客行動を分析するためのツールを店舗に持つようになる。具体的には店舗内のカメラの動画を解析して顧客の性別・年齢を推定したり、滞在・通過位置を分析することが可能になる。

 

 

 3. 財布を出すという行為がなくなる

3

引用:Fortune

 

 

Apple Payを始めとした決済サービスによりモバイルを経由した支払いが今後普及していくと予想される事に関しては今までもご紹介してきた。しかし、2020年の店舗ではスマホをかざす必要すらない。Keenan氏の予測によると、将来的には顧客が何の商品をカゴに入れたかを店舗がトラッキングして、店から出ると自動で支払いが完了するサービスが登場されるとしている。

 

4. テクノロジーが販売員のアシスタントになる

4

引用:BBC Retail

 

テクノロジーは工場内では既に多くの作業を自動化している。今度は店舗内でも同じことが起きると予想されている。BeaconやNFCを使って顧客のスマホに直接、店や商品の案内を送ったり、また、商品の前出しや欠品の確認といった単純作業は機械によって代替されることが予想されている。

 

まとめ

2020年に常識となっているだろう4つの取組みについてご紹介したが、いかがだったろうか?勘の良い方なら気づいたかもしれないが、今回ご紹介した4つの取組みは既にいくつかの企業の店舗では実際に行われ始めていることである。一番目に紹介したショールーミングを取り入れた戦略は自社ECに力を入れるヨドバシカメラ楽天が出店した楽天カフェで既に行われている。

また、二番目にご紹介した店舗内分析も国内大手百貨店の三越伊勢丹DVDレンタル国内最大手のGEOが既に実際の店舗で取り組みを始めている。未来は突然やってくるものではない。少しずつの小さな変化がやがて大きなうねりとなって大きな変化を作り出す。その流れに乗り遅れない為にも、毎日起こる小さな変化を見逃さず、O2Oイノベーションラボでは小売業界の新しい取り組みをご紹介していきたい。

 

 

▼参照記事

Forbes

 

「ファッション×テクノロジー最新サービス紹介資料」を公開しました。

スライド041

昨今注目を集める、ファッション業界のテクノロジー活用について、海外の最新事例を取りまとめました。

記事内では取り上げることのできない様々な情報を取り上げております。

是非、小売業界のマーケターの皆様に事例研究やサービス導入をする際の参考資料としてご活用いただきたいと思います。

資料ダウンロードはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら

  • メルマガお申込み