欧米で注目の小売トレンド “ファッショントラック”とは?

WRITER : Editorial department

  小売業界トレンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ポップアップショップというものをご存じだろうか? 普段は何もない空き店舗や空きスペースに一定の期間だけ出店する“仮店舗”のことである。
イギリスやアメリカから普及し、近年、日本でも駅構内やテナントビルの一角などで、多くのブランドがポップアップショップを出店している。

今、ポップアップショップの先進国である欧米諸国で注目が高まっているのがファッショントラックだ 。アメリカでは2010年ごろからじわじわと増え続け、2014年にはアメリカ全土で500店舗にまで急増している。

これはNYだけでも1万件を超すといわれるフードトラックから派生したもので、フードトラックがオフィス街のランチタイムにサンドイッチやタコスを販売するように洋服やアクセサリーなどのファッションアイテムを所狭しと並べたファッショントラックがブルックリンなどの繁華街に現れている。

ファッショントラックは”mobile retail boutique”とも呼ばれ、新しい小売トレンドとして人気を集めている。

アメリカではお気に入りのファッショントラックが今後いつどこに出店するかというスケジュールを見ることができる”Find a Fashion Truck“もあり、消費者の間にもファッショントラックが浸透し始めていることがわかる。

今回はそんなファッショントラックについて解説する。

従来の1/10!?出店コストが低いファッショントラック

FashionTruck

▲Jessie Goldenbergさんが運営するファッショントラック”Nomad”。
出典:BUSINESS INSIDER

ファッショントラックの人気の秘訣はその出店コストの低さである。

“Nomad”というファッショントラックのオーナーJessie Goldenbergさんは大学卒業後に自分のお店をもつことを目標にしていた。
しかし大学を卒業したての彼女に何十万ドルものお金を融資してもらえるはずもなく悩んでいたところ、たまたまテレビで見かけたファッショントラックのアイデアを見かけ、22歳の時にファッショントラックをオープンすることを決めたという。

初期費用はトラックの購入や改装費用も含め70,000ドル(約800万円)。
トラックはアメリカの有名掲示板Craigslistで5,000ドル(約60万円)で購入したものを友人や家族に手伝ってもらいリモデルした。

ファッショントラック開始後はガス代やメンテナンス代、駐車場代など1,000ドル(約12万円)ほどのランニングコストがかかっていましたが、開始して1年も経たないうちに黒字化できたという。

通常ブルックリンなどの繁華街に出店しようとすると場所を借りるだけで初期費用が100,000~150,000ドル(約1200万円〜1800万円)、毎月の家賃として 10,000~12,000ドル(約120万円〜150万円)ほどかかる。
この金額にさらに什器を購入費や電気代などの光熱費がかかるため、一般の個人が突然出店するのはほぼ不可能である。

しかしファッショントラックならば初期費用も毎月のランニングコストも大幅に抑えることができるため黒字化しやすく、個人でも初期費用を融資してもらえる可能性が広がる。

Jessieさんはファッショントラック開始当初はNYやLAの小さなデザイナーの商品を中心に販売していましたが、1年経つ頃には30〜50のアパレルデザイナー、8~15のアクセサリーデザイナーから商品を仕入れるまでに成長した。
まずは小さな規模で成功を繰り返して信頼を積み重ねていったことがわかる。

彼女はファッショントラックのプロモーションとしてFacebookやTwitter、Instagramも巧みに利用していた。
SNSで発信することで商品やブランドに興味を持ってもらい、ファッショントラックで商品を実際に手にとって見てもらうという新しい小売の仕組みを取り入れて成功した一例と言える。

ファッショントラックのこれから

FashionTruck2

▲AMRAの創立者であるStaceyとJeanine。
出典:BUSINESS INSIDER

ファッショントラックの先駆けと言われる”Le Fashion Truck”創業者のStaceyとJeanineが設立したAMRA(American Mobile Retail Association、米移動式小売店協会)に登録されている事業者は2014年時点で103店舗にものぼり、今後もファッショントラックをはじめとする移動式店舗の数は増えていくことが予想される。

またファッショントラックは約2年ほどで、オーナーが新規事業をはじめるか常設店舗を構えるようになるという。
先ほどご紹介したJessieが運営する”Nomad”はまさに後者で、好調なファッショントラックを続けつつも常設店舗を構えたいと考えている。

このようにファッショントラック発の有名店や有名ブランドが育つ日も近いのではないのだろうか。

 

この記事はSHOPCOUNTER Libraryよりご提供いただいた記事に一部加筆修正を加え作成したものです。

元記事はこちら

【SHOPCOUNTER Libraryとは】
SHOPCOUNTER Libraryは、ポップアップショップ(期間限定店)を中心としたリアルショップの出店・運営に役立つ情報をお届けするメディアです。はじめてポップアップショップを出す方向けの出店のキホンシリーズから、普段ショップを運営されている方向けの小売業界最新ニュースまで幅広く情報を発信しています。

URL:https://shopcounter.jp/library/
Facebook:https://www.facebook.com/SHOPCOUNTER-920753301298705/

【記事についてのお問い合わせはこちら】
SHOPCOUNTER Library編集部:support@counterworks.jp

【ポップアップショップ出店についてのお問い合わせはこちら】
▼出店エリアやスペースを相談したい方
ポップアップショップ出店について相談する

▼出店できるスペースを探したい方
出店できるショップ・スペースを探す

 

▼関連記事

オンラインは来店前のプレ接客!O2Oマーケティング最前線

フリークアウト第1号社員が挑む、不動産世界のシェアリングプラットフォーム【前編】

フリークアウト第1号社員が挑む、不動産世界のシェアリングプラットフォーム【後編】

2020年に向けて増え続けるインバウンド顧客、どのように獲得するか?

ファッションブランドのInstagramランキングTOP50から読み解く、ファン獲得の秘訣とは?

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら

  • メルマガお申込み